石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

石垣島の6月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

-この記事をシェアする-

石垣島の6月とは?

6月の青空とヤシの木

5月中旬からの梅雨でスコールが多く、気温も高いため、まさに亜熱帯地方ならではの天候。6月中旬ごろに梅雨が明けた後は、本格的な夏のシーズン到来!6月は観光客もそこまで多くなく、飛行機やホテルといった料金も比較的安いです。梅雨の時期でも一時的な雨が多いので雨が降っている時間を外せば天気も最高。6月は石垣島旅行に来て素晴らしい風景を見ているだけでテンションが上がってきます。まさに、ベストシーズンの期間です。

6月の季節限定の幻の一夜花”サガリバナ”

石垣島の6月に見られるサガリバナ

石垣島には2016年に西表石垣国立公園に編入された、日本最大級のサガリバナ群落があります。開花時期にはロープライトが照らす遊歩道からサガリバナを干渉できます。見ごろは5月下旬から8月。甘い香りを漂わせて咲く姿は神秘的です。6月はほぼ毎日サガリバナツアーが開催しているので、ツアーにぜひ参加してみ下さい。亜熱帯ジャングルならではの美しい一夜花は必見です。

6月の石垣島の天気

波が穏やかな石垣島の6月の海

平均気温:28.0℃(東京:22.1℃)
月間降雨量:206㎜
晴れの日:19.4日 雨の日:4.2日
台風接近数:0.4個
日の出:5時55分 日の入り:19時27分

6月の天気・気温

梅雨明けとともにベストシーズン到来!気温も真夏のような暑さになり、梅雨が明ければ、一時的なスコール以外は雨が降らないので、晴天続きの日々です。青い空と海を高確率で見ることができます。6月前半の高温多湿な雰囲気も石垣島ならではなので、一度は味わっておくべき気候です。ビーチでのんびりして、暑くなったら海に飛び込む…そんな最高のシーズンです。また、6月は日の出の時間が最も早く、時間を有効的に使えます。朝にツアー等に参加して日の出を見るのもいいですね。

ざっくりとしたイメージですが、6月前半→スコールが多く高温多湿、6月後半→本格的なベストシーズン到来と考えてください。

6月の梅雨明けと台風

梅雨は本土より1か月程早く、例年5月10日ごろ~6月20日頃の約40日間。雨が降り続けることは少なく、晴れる日もわりとあります。因みに2018年の梅雨はほとんど雨が降らず、空梅雨(からつゆ)でした。そのためずっと天気の良い日が続きました。

台風も2年に一度(3日間)直撃するレベルなので、数は多くはないです。

台風時の詳細はこちら↓
石垣島の台風に備えよう!

6月の石垣島の服装と持ち物

3人旅行で絶景鑑賞

 出典:沖縄ラボ 

6月の服装

6月の石垣島は半袖・半ズボンでほぼ過ごせます。スコールが降ると一時的に気温が下がりますが、半袖でも大丈夫。また、石垣島はカフェの中や離島へ行く高速船内の冷房がかなり強いため、室内にいるときに着られる薄手の長そではあった方が良いです。石垣島から離島へ向かう際は、フェリーに乗りますがフェリーが日本一冷房が効いているので、離島へ向かう場合だけ上着をお持ちするのをお勧めします。

女性:ワンピース、半袖、ショートパンツ 薄手の上着
男性:半袖、半ズボン、水着

6月のおすすめ持ち物

この時期必ず必要なのは、紫外線対策。太陽の光も強いので、サングラスは必要。また、髪の毛の色も変わりやすいので外に出るときは帽子もあると良いです。一日中日焼け止めを塗らずにシュノーケル等をしていると軽いやけどになる可能性もあるので、日焼け止めも必携です。

6月の主なイベント&楽しみ方

6月に開催される西表島の上原デンサー祭り

 出典:やえやまなび 

6月のイベント

海神祭(ハーリー)

6月頃(旧暦5月4日)に石垣島、西表島、与那国島、宮古島で大漁を祈願する海人(漁師)の祭りが行われる。爬龍船競漕(はりゅうせんきょうそう)の鐘がなると梅雨が明けるといわれています。

上原デンサー祭り@西表島

6月中旬頃に八重山民謡の『デンサー節』の発祥地である上原集落のお祭り。ミルク行列もあります。

6月の旬な食材

6月からは石垣島の二大南国フルーツ(マンゴー、パイナップル)が食べられる季節。値段も本土に比べてお手頃で、味も格別なので、ぜひ食べてみてくださいね。

マンゴー

夏に旬のマンゴーかき氷

誰もがご存知の亜熱帯の果実といえば『マンゴー』。太陽の恵みをいっぱい浴びたマンゴーは香り、甘さ共に最高です。石垣島でならそこら中で食べられるので、ぜひ食べてみてくださいね。値段もお手頃なので、ぜひお土産に購入していくのもいいですね。

パイナップル

6月旬の西表島のピーチパイン

石垣島のパイナップルといえば『スナックパイン』や西表島の『ピーチパイン』。東京で食べるパインよりも少し小さめで糖度抜群です。パインがすっぱくて苦手という方も石垣島のパインを食べたら好きになるはず。桃の様な甘さのパインです。特に6月後半の時期のパインは熟されていてとてもおいしいです。

その他の旬な食材:ドラゴンフルーツ

石垣島の6月におすすめスポット

川平湾

6月に見られる川平展望台からの風景

島内一の絶景・川平ブルーをみましょう!2013年の『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で三ツ星を獲得した川平湾。一日いても飽き足らない、とっておきの絶景が待っています。大小さまざまな島が浮かぶ美しい入江。その澄み切ったブルーの海は他に類がなく、川平ブルーとよばれています。一日に何度も色を変え、訪れるたびに多彩な表情が見られるのが特徴で、川平ブルーはまさに”奇跡の色”と感じられるぐらい素晴らしい絶景。特に澄んだ色になる満潮時がおすすめです。

詳細はこちら↓
川平湾(かびらわん)

荒川の滝

荒川の滝で水浴びする女性

6月の暑い中、ひんやりとした清流で水遊びをできる荒川の滝は人気スポットの一つ。山から流れてくる清流はひんやりとしていて暑い日には最高です。また、青の洞窟や米原ビーチでのシュノーケリングの後に体から塩を抜く場所としても有名です。木にぶら下げてあるロープもあるのでターザンの真似をするのもいいですね。

詳細はこちら↓
荒川の滝(あらかわのたき)

吹通川

6月に吹通川でカヤックを楽しむカップル

たくさんの生き物が住む天然記念物に指定された湿地帯。岸辺からは、ヒルギ群落(マングローブ)や干潟の小さな生きものも間近で見ることができます。マングローブクルーズ×ジャングルトレッキングを楽しむことができます。また、カヌーやSUPなどのアクティビティも行われる人気の川です。干潮時には河口を歩くこともできます。

詳細はこちら↓
吹通川(ふきどおがわ)

関連アクティビティはこちら↓

名蔵湾

6月のサンセットをSUPの上から眺める2人組

晴れた日の多くなる6月、サンセットを見るなら名蔵湾はおすすめ。竹富島や水平線に沈み込むサンセットと海の煌めきを味わえます。石垣島の空が茜色・黄金色に変化していくマジックアワーには感動するはず。湾内の名蔵アンパルと名蔵湾でのSUP、カヌー、そしてヒーリングヨガなどは大人気のアクティビティです。

詳細はこちら↓
名蔵湾(なぐらわん)

関連コラムはこちら↓

米原ビーチ

米原ビーチでの海水浴

サンゴ礁や熱帯魚ウォッチングに夢中。砂浜の近くまで美しいサンゴ礁が迫り、シュノーケリングに最適な天然ビーチ。沖合は潮流が速いため、遊泳には注意が必要。近くに青の洞窟があるので、ツアーに参加するのもおすすめです。ビーチサイドに米原キャンプ場があり、シャワーが利用できます。6月はBBQシーズンなので、現地の人や観光客が訪れます。

詳細はこちら↓
米原ビーチ

石垣島の6月のおすすめアクティビティ

6月はアクティビティのベストシーズン。天気・気温・波の穏やかさすべてが最高です。ぜひ、トライしてみてくださいね。

SUP

6月にサンセットSUPを楽しむ女子たち

6月の石垣島は風も気温も最高なので、SUPはほぼすべてのポイントでできます。エメラルドグリーンに輝く海やジャングルでのマングローブSUPまでここでしかできないSUPツアーが楽しめます。キレイな写真も撮れる確率がぐっと上がるのはこの時期から!この夏におしゃれアクティビティSUPを楽しんでみてはいかが?

ダイビング

6月の透明度の高い海でシュノーケリング

石垣島の海でダイビングをしましょう!カラフルな熱帯魚やマンタ、サンゴのお花畑が待っています。石垣島の体験ダイビングはほとんどの方は初めて体験ダイビングをする方が多く、持ち物は水着のみで参加できます。6月ごろからは絶滅危惧種のウミガメやマンタといった水中生物を頻繁に見やすい時期なので体験ダイビングはおすすめです。世界中のダイバーが遊びに来る石垣島の海中風景を味わってみてはいかが?

シュノーケリング

幻の島で寝転がる女性2人組

シュノーケリングで熱帯魚と触れ合い、綺麗なサンゴが輝く海の中を覗いてみましょう!6月から海況も良くなり、穏やかな海でシュノーケリングを楽しむことができます。幻の島、バラス島といった無人島上陸やウミガメ、マンタに会いやすくなってきます。小さなお子様でも楽しめる、『ファインディング・ニモ』の『カクレクマノミ』に会えるシュノーケリングポイントも沢山あります。

石垣島ヨガ体験

6月の石垣島ビーチでヨガをする女性

石垣島のヨガとは、日本有数の透明度を誇る石垣島の海やビーチでヨガをするアクティビティ。6月の晴天の中、海の音を聴きながら、リラックスできる空間でリラックス体験。特に、早朝、夕方は最高のひとときを過ごせます。心も体もリラックスするならヨガやSUPヨガはおすすめです。

青の洞窟ツアー

青の洞窟から見る風景

幻想的な風景とカラフル熱帯魚を見るなら青の洞窟がおすすめ。洞窟内部から外を見渡した時の水面が鏡のように映りだす光景はウユニ塩湖のよう。6月は波も穏やかなので写真のような風景が良く見えます。また、何百年、何千年かけて創られた洞窟内部には鍾乳洞や鍾乳石まで。すぐ目の前の海はカラフル熱帯魚が沢山いるポイントでも有名。個人では行くことができないので、ぜひツアーに参加して絶景を見てみましょう!

まとめ

石垣島の6月はベストシーズンに入ります。最高のシーズンだからこそ、事前準備をして、思い出に残る旅行にしてくださいね。

石垣島の全て遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

西表島の全て遊びはこちら↓
西表島ツアーズ

小浜島の全て遊びはこちら↓
小浜島ツアーズ

詳細コラムはこちら↓
石垣島旅行を夏にするメリットと遊び方

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?