さらに
絞り込む
該当プラン数 253
カテゴリーからプランを探す
    特徴からプランを探す
    上空から見た石垣島の絶景

    石垣島へ移住を検討の方必見!移住に役立つ情報を現地在住者がご紹介!

    最終編集日時;
    投稿日時;
    -この記事をシェアする-

    石垣島ってどんな島?

    石垣島 玉取崎展望台

    みなさまは沖縄県の島の1つ、石垣島をご存知でしょうか。

    沖縄と聞いてイメージされがちなのは沖縄本島ですが、沖縄県は海を含めて非常に広い面積に広がっており、いくつも離島が存在しています。

    その中でも宮古島や西表島と並んで、非常に知名度の高い離島に数えられているのが石垣島です。

    石垣島は、沖縄本島にある県庁所在地那覇市から、さらに400km以上離れた位置にある島であり、八重山諸島という島々の中核を成しています。

    同じ八重山諸島の中には日本最西端の島である与那国島も含まれていると聞けば、石垣島の位置がそれとなくイメージできるのではないでしょうか。

    今回はそんな石垣島への移住について、さまざまな情報をご紹介させていただきます。

    石垣島の面積と人口

    石垣島は、周囲が162km、面積228平方kmの島で、約48000人が暮らしています。

    人口密度は1平方kmあたり200人強とされていて、東京都と比べると2%にも満たない人口密度と聞けば、その広々とした環境がイメージしやすいでしょう。

    そして、総人口の内、1割以上の人々が島外からの移住者だとされています。

    10人に1人以上が移住者ですので、街を少し歩けば移住者の人と何人もすれ違うような環境です。

    石垣島への行き方

    新石垣空港

    上で述べた通り、石垣島は那覇市からさらに離れた立地です。

    そのため、県外から石垣島、さらに沖縄本島から石垣島にもフェリーなどが出ておらず、石垣島に行くためには飛行機の利用が必須となります。

    石垣島に直通便が出ているのは、羽田空港、成田空港、関西空港、中部空港、福岡空港の5港であり、いずれも1日に1、2便の路線が用意されています。

    空港によってはLCCの便も出ているため、時期を選べば比較的安価に移動することもできるでしょう。

    また、沖縄本島からも飛行機が出ているため、上の5つの空港以外からも沖縄本島を経由して石垣島へ向かうことが可能です。

    費用や時間は変わってくるため、自分のスケジュールや費用に合った手段を選びましょう。

    石垣島の交通の便

    石垣島の中の公共交通手段として、主な島民の足となっているのがバスです。

    同じようにタクシーも、観光客だけではなく、島民にも盛んに利用されています。

    東京や大阪などの大きな都市と比べると、料金も安めに設定されており、島民でも便利に活用できるところがポイントです。

    もちろん、自家用車やバイクを利用している人も多く、自転車も多くの人々に利用されています。

    また、基本的には観光用ですが、電動キックボードのレンタルもあるため、ちょっとした距離であれば気軽に利用することも可能となっています。

    石垣島の天候と気温

    石垣島は日本最南端の八重山諸島に属しているため、亜熱帯気候の高温多湿な環境が特徴です。

    3月から10月にかけて夏の気温が続き、11月から2月ごろの期間が冬にあたります。

    冬とは言っても気温が20℃を下回ることは少なく、四季という感覚はあまりないように感じられるでしょう。

    ただ、石垣島特有の気候の傾向として風の強い日が多いという点が挙げられます。

    そのため、冬場には気温よりも肌寒さを感じることもあり、年中薄着だけで過ごすのではなく、ウインドブレーカーなどを利用して調整をする意識が必要です。

    石垣島移住の魅力

    サンセット

    石垣島は、屈指の観光地である沖縄県の中でも、指折りの人気を誇る観光島であり、白い砂浜と青い海、南国の楽園のような光景と出会うことができます。

    南国特有の美しい陽射しに照らされ、映画のワンシーンかのような圧倒的な美観は、石垣島でしか味わえない観光資源だと言えるでしょう。

    また、都市部も発展しており、自然景観やアクティビティだけでなく、ショッピングなどを含めたリゾート観光的な遊び方ができるのが石垣島の特徴です。

    石垣島は大自然を感じられる南の離島

    伊野田ビーチ

     

    石垣島の魅力としてまず挙げられるのは、なんといっても南国の離島特有の大自然です。

    八重山諸島は固有の動植物が多数生息している場所でもあり、その大自然の素晴らしさは非常に魅力的なポイントです。

    そんな大自然を目的として、石垣島に繰り返し足を運ぶ観光客も少なくありません。

    もし石垣島に移住すれば、そんな美しい南国の自然の中で最高の日常を送ることができるはずです。

    以下に石垣島の自然の見所をピックアップしましたので、順にチェックしていきましょう!

    世界有数の海の透明度

    【沖縄・石垣島】川平湾を海中散歩!EVトライクツーリング&EVグラスボート

    石垣島の海は、世界でも有数の透明度を誇っているとされています。

    そして、そんな透明な海を保てるのには理由があります。

    石垣島の近海にはサンゴが多く生息しており、大規模なサンゴ礁も広域にわたって広がっているのが特徴です。

    サンゴは海中の濁りの原因となる二酸化炭素を吸収し、ミネラルなどを排出する生態を持った生き物であり、これが透明度を高めている1つ目の要因です。

    また、石垣島の近海は海流の関係でプランクトンが少なく、これが2つ目の透明度の要因となっています。

    さらに、サンゴは死ぬと白い破片になって海に堆積し、その死骸が長い時間をかけて砂となった白砂が石垣島の付近の海底には敷き詰められています。

    そんな白い砂が海中に差し込んだ太陽光を反射することによって、石垣島の海は青く宝石のようにきらめく美しさを手に入れているのです。

    石垣島の海の透明度は環境庁にも公に認められており、移住の理由の1つに挙げる人が多くなっています。

    「天然のプラネタリウム」と呼ばれるほどの満天の星空

    石垣島 ナイトSUP

    南国の環境は、つい朝昼ばかりが注目されがちですが、石垣島は夜にも素敵な注目ポイントを持っています。

    石垣島など八重山諸島には大量の煙などを排出する大都市がないため、空気が非常に澄んでいます。

    夜空にも遮るものが少ないため、非常にクリアな環境下で星々を見上げることが可能です。

    石垣島の星空は「天然のプラネタリウム」とも呼ばれており、その満天の星空には心を奪われる人が少なくありません。

    海外で認定されている星空保護区という制度に国内で初めて選出されており、その星空の美しさは国内だけでなく、国外からも高評価を得ています。

    星空の美しさもまた、移住の理由として挙げられるケースが多々あります。

    様々な南国の生き物に出会える

    石垣島にヤシガニ

    石垣島には豊富な自然が残されており、亜熱帯気候特有の生き物たちと数多く出会うことができます。

    例えば、日本最大の美しい蝶であるオオゴマダラを目にすれば、その優美な姿に驚かされること間違いなしです。

    八重山諸島にだけ生息しているカンムリワシは絶滅危惧種に指定されている天然記念物ですが、石垣島に移住などで長く滞在すればその勇壮な姿を見かける機会もあるでしょう。

    また、石垣島での夜を過ごせば、ヤシガニの力強くも愛嬌がある姿と出会えます。

    寿命は50年以上、ハサミの力は100kgを超えるとされているユニークな生き物であり、見かけるたびに移住したのだという実感を得られるかもしれません。

    八重山諸島の離島へ簡単にアクセス可能

    石垣港離島ターミナル

    石垣島の魅力は、石垣島だけではありません。

    八重山諸島の中心となる島ですので、石垣島の離島ターミナルを経由すれば、八重山諸島を構成している数多くの離島に簡単にアクセスすることができます。

    普段の旅行では石垣島まで来るだけでもひと手間であるため、なかなかその先の離島までは足が伸びないかもしれません。

    しかし、八重山諸島の離島には魅力的な島々が存在しており、それらはぜひ足を運んでみてほしい島ばかりです。

    ガラパゴスとも並んで語られる大自然が残された西表島や、水牛観光で有名な竹富島、ドラマのロケ地として有名になった小浜島など、魅力あふれる島が多くあります。

    そんな離島に気軽に行けるという点も、石垣島移住の大きなメリットとして挙げられるでしょう。

    意外と都会で暮らしやすい石垣島の生活環境

    730交差点

    最南端の県である沖縄県で、さらに沖縄本島から遠く離れた八重山諸島の島と聞けば、石垣島はとても田舎のようなイメージを抱かれるかもしれません。

    しかし、石垣島を訪れた人々の口からは、意外に都会で暮らしやすそうだという言葉が聞かれることも少なくはないのです。

    というのも、石垣島は南部のエリアに市街地が集中しており、そのエリアは観光需要と併せて比較的発展してきています。

    よく、沖縄県の観光しやすい離島として宮古島と石垣島が比較されますが、石垣島は宮古島と比べてショッピングなども楽しみやすい点が魅力だとされています。

    買い物ができる場所も充実した島ですので、南国情緒を味わいつつ、不便さを感じずに生活できるでしょう。

    石垣島にあるスーパー情報

    マックスバリュ石垣店

    ここまでは観光で訪れる際にも注目されがちなポイントをご紹介してきましたが、移住となればより現実的な暮らしやすさも気になるものです。

    特に、日々のお買い物ができるスーパーがあるかどうかは、暮らしやすさに直結する要素でしょう。

    実際のところ、石垣島はスーパーが充実しており、お買い物に関する心配はいりません。

    まず全国区の大手スーパーである「イオンマックスバリュ」が島内に4店舗展開しており、うち3店舗は24時間営業を行っています。

    もちろんイオン系列のプライベートブランドなどの扱いもあり、馴染みのあるスーパーとして安心感を抱かせてくれるでしょう。

    また、さまざまな商品が販売されていることでお馴染みの「ドン・キホーテ」も島内にあり、便利に利用することができます。

    それ以外にもローカルなスーパーとして、破格の安さが売りの「かねひで」や、「サンエー石垣シティ」「ちねんスーパー」などが営業しています。

    ローカルなスーパーでは、地元ならではといった食材やお惣菜が売られており、石垣島特有の食文化を存分に味わうことができるでしょう。

    石垣島にあるコンビニ情報

    ファミリーマート石垣サザンゲートブリッジ店

    石垣島では、もちろんコンビニも営業しています。

    本土と変わらず24時間営業しているため、深夜にふと買い物をしたくなっても便利に利用できるでしょう。

    ただし、コンビニの立地は市街地に集中しているため、市街地から外れたエリアでは利用が難しいという点には留意しておきましょう。

    また、もう一つ知っておきたい点として、石垣島に出店しているコンビニはファミリーマートのみという点が挙げられます。

    ファミリーマートは20近い店舗がありますが、セブンイレブンやローソンは出店していないということを把握しておきましょう。

    石垣島にはチェーンの飲食店もあり

    石垣島には地元の美味しい飲食店が数多く軒を連ねていますが、いざ移住してみると、たまには慣れ親しんだチェーン店の味を食べたくなることもあるかもしれません。

    石垣島には大手チェーン店がいくつか出店しているため、そんな時にも安心していつもの味を食べることができるでしょう。

    石垣島にお店があるチェーン店としては、まずマクドナルドが挙げられます。

    続いてファストフード店としてはケンタッキーフライドチキン、ミスタードーナツが出店しており、馴染みの味を楽しませてくれます。

    また、カレーハウスCoCo壱番屋、大戸屋、いきなりステーキなども石垣島に出店しているため、折を見て便利に使っていくことができるでしょう。

    人が暖かく優しい

    石垣島の風土として、住んでいる人々が暖かく優しいという点が挙げられます。

    沖縄の人々はまったりとした時間感覚で生きていて、沖縄時間(ウチナータイム)と称されることもありますが、石垣島もそれは同様です。

    適当やいい加減を意味する「テーゲー」という言葉が県民性を表しているとされていて、「なんくるないさー」の精神を持ったおおらかな方が多いとされています。

    また、沖縄県に特有の「ゆいまーる」という助け合い精神によって、困ったことがあれば助け合うという気風も根付いています。

    のんびりと過ごしたいという気持ちを持って移住を検討されている方を、石垣島のゆるやかな雰囲気が暖かく迎えてくれるでしょう。

    石垣島の移住にかかる費用

    では、石垣島の移住を具体的に考える場合にはどの程度の費用が必要になってくるのでしょうか。

    まずは移住を実行する際にかかる単純な費用を見てみましょう。

    家族が夫婦2人という想定で、移住のために必要な費用を最も安く済ませようとする場合、30万円台に収めることができる、という見積もりになります。

    最低限の家具や家電だけを運んで残りは現地で揃えるのであれば、家の初期費用と渡航費用を合わせても、40万円はかかりません。

    自動車を持っていく場合はもう少し費用が上乗せされますが、こちらも自動車の種類によっては10万円以下での輸送が可能となっています。

    石垣島の職業情報

    石垣島には都市部が存在するため、さまざまな職業を探すことができます。

    沖縄県の特徴として観光業などの第三次産業が多いという傾向はありますが、それ以外の職種も多数存在しているため、これまでの経験を活かして働くことができるでしょう。

    観光業以外だと保育士や介護士、看護師など、島民の生活に密着した仕事の求人が多くなっています。

    正社員だけでなく、パートの募集なども行われていますので、夫婦共働きで生計を立てていくという生活スタイルを選ぶことも十分に可能です。

    ただし、注意点として、移住後に仕事を探そうとしても時期によっては上手く条件が合う仕事を見つけられない場合もあります。

    金銭面で困ってしまわないためにも、仕事は必ず移住するよりも先に見つけておくようにしましょう。

    石垣島での仕事の見つけ方

    不慣れな土地で仕事を探そうにも、どう探せばいいのか勝手がわからないという方が多いのではないかと思います。

    以下の項目に仕事を見つけるための方法をご紹介しますので、順にチェックしていきましょう。

    求人サイトから確認

    まずは現代的な求人情報の探し方として、インターネットを使う手段が挙げられます。

    石垣島の求人情報も他の県と同じように求人サイトに多数掲載されていますので、「石垣島 希望する職業名 求人」といったように調べれば該当する情報が見つかるかもしれません。

    また、複数の求人が記載されているサイトだけでなく、希望する職種がある場合は当てはまる会社やお店のサイトを直接見てみるのも良いでしょう。

    求人情報が記載されている場合があるため、そこから職を見つけられるかもしれません。

    ハローワークへ行く

    石垣島にも八重山公共職業安定所というハローワークがあるため、問い合わせてみることも有効な手段の1つです。

    現地に行く必要はなく、現在住んでいる住所の最寄りのハローワークから八重山のハローワークの情報を調べることも可能なため、移住前に職を見つけておきたい場合には、ぜひ積極的に利用を検討しましょう。

    インターネットに掲載されているものとはまた違った情報が見つかる場合もあるため、2つの手段を併用していくのが最良の方法でしょう。

    現地のチラシを確認

    また、現地のチラシに求人情報が載っている場合もあります。

    職業を決める前に移住してしまった場合には、現地のチラシを頼りに仕事を探してみることも1つの手だと言えるでしょう。

    また、移住前でも旅行や下見などで訪れた際にチラシをチェックする習慣を付けておくと良いでしょう。

    もし条件が合えば、移住までの時間が少し空いてしまう場合でも積極的に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    石垣島の給与水準

    石垣島に移住する際、把握しておかなければならないのが給与水準です。

    石垣島を含む沖縄県は、賃金水準が全国でワースト1位となっています。

    現在お住まいの地域にもよりますが、今の仕事とまったく同じ内容の仕事に就いたとしても、得られる給与はおそらく下がってしまうでしょう。

    石垣島への移住を真剣に考えるのであれば、一度家計を全面的に見直してみる必要があります。

    移住後も現在の生活水準を維持しようとするのではなく、新たな生活スタイルを築いていくという気持ちを持って計画を立てることをおすすめします。

    石垣島の物件情報

    続いて、移住を考える上で重要な物件に関する情報を見ていきましょう。

    他の条件をクリアできても、住む家が見つからなければ移住計画を実行に移すことはできません。

    基本的に移住者向けの物件は、暮らしやすく人気のある石垣市内に集中しています。

    買い物がしやすいお店や仕事ができる場所も石垣市内に多いため、こだわりがなければ市内を中心に探し始めてみると良いでしょう。

    石垣島での物件の探し方

    石垣島で物件を探すためにはどうすればいいのでしょうか。

    沖縄本島からさらに遠く離れた石垣島と言っても、職業と同じように、物件探しの方法もそれほど変わらず、難しく考える必要はありません。

    石垣島で家探しをするためのさまざまな情報をご紹介させていただきます。

    不動産サイトから確認

    石垣島においても物件探しの便利な手段といえば、まずインターネット上の不動産サイトが挙げられます。

    エリアから条件を指定して絞ることができるため、ある程度の土地勘があり、目処が立っていれば有効に活用できるでしょう。

    また、土地の知識がない場合でも、月々の家賃から検索をかけることも可能です。

    職業が決まり、月々の収入がどの程度になるかの予測ができる場合には、金銭面の条件から物件を探してみるのもいいかもしれません。

    現地の不動産へ行く

    物件情報を探す上で、現地の不動産に行ってみるのもやはり有効な手段の1つです。

    インターネットには掲載されていない物件情報もあるため、現地に足を運ぶことで掘り出し物の物件が見つかるかもしれません。

    また、石垣島には移住者が多いことから、移住者向けの住宅としての住みやすさなどを不動産会社に尋ねることもできるでしょう。

    ネット上の情報だけではわからない生の情報を得られるのが、直接不動産会社へ足を運んでみるメリットだと言えます。

    現地のチラシを確認

    現地の生の情報といえば、職探しと同様にチラシの確認も欠かせません。

    自分から能動的に探せる情報の量には限りがあるため、受動的な情報として得られるチラシの情報は貴重だと言えるでしょう。

    もちろんチラシに書かれている情報の良い面だけを見て飛びついてしまうのは危険ですが、良さそうな物件が見つかった際には連絡してみましょう。

    思わぬところで運命の物件に出会えるかもしれません。

    石垣島の家賃の相場

    注意しておきたい点として、石垣島の家賃は高くはないものの、特別安いという水準でもありません。

    移住者が多いことから島内の物件の数が全体的に足りておらず、家賃が値上がり傾向にあるのです。

    家賃が安いはずだと思い込んで移住計画を立ててしまうと、大きく計画が狂ってしまいかねないでしょう。

    ただ、今後も家賃の上昇傾向は続くと考えられています。

    早めの時期に移住を済ませ、生計を安定させてしまうというのも1つの考え方かもしれませんね。

    石垣島の病院情報

    石垣島で暮らしていく上で欠かせないのが、病院に関する情報です。

    不慣れな土地に移住する際、いざ体調を崩してしまった時に頼れる病院を知らなければ不安に襲われてしまうでしょう。

    もちろん、石垣島にもきちんとした医療を受けられる病院が存在しています。

    八重山病院

    八重山医療圏で最も充実した医療が受けられるのが、地域の治療の中核を担っている八重山病院です。

    地域の方々も体調不良で困った際には、まず八重山病院に足を運ぶという方が多いです。

    診療科目が幅広いため、安心して診察を受けることができるでしょう。

    徳州会病院

    石垣島において利用者の多い病院としてもう1つ挙げられるのが、徳洲会病院です。

    こちらは24時間体制で夜間の急患にも対応しているため、不慮の体調不良に際してお世話になることもあるかもしれません。

    もちろん通常の診察についても充実した体制が整っているため、移住に際しても大変頼りになる病院だと言えるでしょう。

    石垣島移住の注意点

    ここまでは石垣島移住の良い点などを中心にご紹介してきましたが、石垣島移住には注意しておくべき点もいくつか存在しています。

    良い点だけに目を向けるのではなく、デメリットをきちんと認識した上で移住を検討することが大切です。

    以下に石垣島への移住に際したデメリットをご紹介させていただきますので、しっかりとチェックしていきましょう。

    物価の高い時期がある

    石垣島の特徴として知っておきたいのが、時期ごとに物価が異なるという点です。

    石垣島は、他県はもちろん同じ県内である沖縄本島とも遠く離れた土地であることから、さまざまな商品の流通を外からの輸送に頼っています。

    しかし、石垣島はその立地上、台風の通り道になりやすいのが特徴です。

    台風が来ると外部からの輸送路が断たれてしまうため、商品の物価が上昇してしまうのです。

    年によってはいくつもの台風が続けて通過する時もあるため、夏を中心とした台風シーズンは物価が不安定になりがちだと理解しておきましょう。

    島外への移動は飛行機のみ

    近隣の離島を除き、石垣島から出るためには必ず飛行機を利用しなければなりません。

    上述の通り、石垣島へ移住すると得られる給料が下がってしまう可能性が高いため、帰省の際などに毎回のように飛行機を使う費用が負担になってしまうかもしれません。

    また、台風の時期には飛行機が欠航することもあるため、予定が狂ってしまうケースもしばしばあります。

    島外に出るためには多くの手間がかかるという点については、十分な認識を持っておきましょう。

    石垣島には移住の補助金がある

    沖縄県には移住に対する直接的な補助金は交付されていませんが、制度をよく理解していれば条件次第で利用できる補助金が複数存在しています。

    お子様の年齢や人数に応じた子育て支援や、空き家の改修費用を最大50万円まで支援してもらえる空き家バンクの制度などは利用できる方も多いかもしれません。

    制度の詳細をよく調べた上で、上手に活用していきましょう。

    まとめ

    今回は石垣島への移住について、さまざまな情報をご紹介させていただきました。

    石垣島には、大自然やきれいな海があるなどさまざまな魅力があります。

    そのため、移住することでその魅力を存分に味わうことができるでしょう。

    しかし、移住に関してメリットだけでなくデメリットもあるため、事前に把握しておく必要があります。

    石垣島についてさまざまな情報を知りつつ、移住の夢を実現させましょう。

    -この記事をシェアする-
    T.Furuike

    条件から探す

    予約から参加の流れ

    • ツアーを探す

      シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

    • 予約プランの申し込み

      申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

    • 予約確定

      予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪

    • ツアーに参加

      あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

    -この記事をシェアする-
    営業中 8:00〜17:00
    -この記事をシェアする-
    当日予約OK
    フェリーオンライン予約