石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

石垣島の12月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

-この記事をシェアする-

石垣島の12月とは?

12月の川平湾の風景

「石垣島の12月」といえば皆さんどのようなイメージがありますか?「南国のリゾート地なので、年中半そで半ズボンでいられるのでは」「海に入れるのか?」など、12月に石垣島旅行を考えている方で現地の天気・天候などの状況がわからない方も多いはず。今回は12月に石垣旅行をお考えの方に向けた現地の天気・服装・イベント・おすすめスポット・おすすめアクティビティをご紹介!事前に読んで、しっかり準備して最高の旅行にしましょう!

 

石垣島の12月の天候

石垣島の12月の誰もいないビーチ

平均気温:20.1℃(東京:8.7℃)
晴れの日:12.0日 雨の日:3.3日
月間降雨量 126㎜
台風直撃数:0個
日の出:7時9分 日の入り:17時54分

 

12月の天気気温

12月は石垣島でも本格的に冬のシーズンに入ります。とはいっても平均気温は20℃あるので、本土と比べると断然暖かいです。実際半袖でも出歩けるような暑さになる日もありますが、北風が吹くと肌寒い日も増えるので、厚手の服を持ってきた方がベターです。北風が強い日は気温と体感温度で5℃程変わることもあるので、要注意です。特に朝夜は一層冷え込みが強く感じられます。また、12月でも前半・後半で気候に差があり、ざっくりとしたイメージでは、12月前半→秋の季節、12月後半→冬の季節と考えてください。
そして12月は1年で最も早く日の落ちる時期でもあります。18時前に日没となるので、夕食前にドライブやツアーに参加して、サンセットを見に行くのもいいですね。

12月の台風状況

直近3年間で12月に石垣島へ台風が直撃した数は0個なので、基本的には台風の警戒はしなくても大丈夫です。とはいえ12月後半からは北風が本格的になり風と雨が強くなる日が多いため、波が高くて海のツアーが中止になってしまうことも。

関連コラムはこちら↓

 

石垣島の12月の服装と持ち物

12月の石垣島での服装

12月の服装

この時期は半袖でも十分に過ごせる日もありますが、北風が強い日は気温以上に寒く感じることも。そのため、薄手のパーカーやフリース等を念のため持ってきた方が良いです。天気がよくて夏の様な日と、北風で冬の様な日の気温差が激しいので、風邪をひかないように気を付けましょう。また、海で泳ぐことも可能ですが、ウェットスーツはマスト!ツアーに参加すれば、ウェットスーツを貸し出しているので大丈夫です。冬の海は北風の影響で波が高く、見た目以上に危険な時もあるので、シュノーケル・ダイビングをする場合はツアー必須です。

女性:半袖カットソー、ロングパンツ、フリース
男性:パーカー、カーディガン、ジーンズなど

 

12月のおすすめ持ち物

1何といっても12月は薄手の長そでが必須です。気温差が激しいので、万が一寒い日の為に、上着の準備はしておきましょう。また、天気のいい日は日焼け止め、サングラス、帽子が必須です。

 

石垣島の12月のイベント&楽しみ

12月に行われる石垣島焼き物まつり

 出典:石垣市観光交流協会

12月のイベント

年末年始には、お店が閉まってしまっていたり、ツアーなどが催行されていない場合もあります。しっかりと事前に確認してから旅行に行きましょう。

石垣島やきもの祭り

石垣市民会館で毎年12月に行われ、窯元が一同に集まる焼き物市。島内以外からも参加があり、人気の祭典です。

八重山毎日駅伝大会

石垣島を16区間の76.6kmのコースで襷を繋いでいく行われる駅伝大会。各地区を代表する選手が八重山一を目指して走ります。選手に出会ったら応援してあげてください!

ムーチー

ムーチーとは沖縄の方言で『餅』のことを言い、月桃の葉で巻くことから「カーサムーチー」と呼ばれています。旧暦12月8日(1月下旬ごろ)に健康・長寿祈願して縁起物として食されています。

マチリィ・カンブナガ@与那国島

与那国島最大のお祭りです。マチリィとは与那国島の存続と繁栄を祈願する大切な祭祀で、神が降りてくるという神の月に行われます。カンブナガとは「神の節」という意味で一年の最後を締めくくる大切な行事となっています。

 

12月といえば年末年始

年末年始にヤエヤマそばを食べる

12月のイベントといえば、年末年始!年末年始は航空券・チケット・ホテルすべてが高くなる時期ではあります。また繁忙期なので、レンタカー、オプショナルツアー、レストランの予約は早めが必須です。(遅くとも1か月以上前)因みに、沖縄のおせち料理は豚肉がメイン。雑煮を食べる習慣はなく、大みそかには沖縄そばで年越しをします。年末年始石垣島に行かれる方はぜひ、八重山そばを食べてみましょう!

 

12月に旬な食材

12月はサトウキビのシーズン

石垣島の12月といえば沖縄を代表する食材『サトウキビ』の収穫シーズン。サトウキビジュースはぜひ飲んでみてください♪また、年末年始を除けば、12月は比較的観光客が少なく、飲食店も空いているので、通常だと1カ月前から予約しないと取れない『ひとし』や『きたうち牧場』といった人気飲食店も予約が取りやすいので、行ってみてください。
また、サトウキビ畑を見たい方はシュガーロードで有名な小浜島のサトウキビ畑を見に行くのもいいかもしれません。

その他の旬な食材:島らっきょ、島ニンジン、海ブドウ、パパイヤ、サトウキビ

小浜島での全ての遊びはこちら

 

12月の離島への交通網

12月におすすめの由布島観光

石垣島から各有人島へ行くフェリーは石垣港離島ターミナルから出ていますが、12月は欠航する便も多いです。特にこの時期欠航が出やすい港は西表島の上原港と波照間島です。毎朝7時前にはフェリーの運航状況が出るので、西表島(上原港)や波照間島行かれる場合は確認を!また、西表島の上原港周辺のツアーの場合は、フェリー欠航時に大原港周りでツアーを行っているところが多いので、事前確認を忘れずに。

西表島での全ての遊びはこちら

関連コラムはこちら↓

 

石垣島の12月におすすめ観光スポット10選

1.名蔵アンパル(名蔵湾)

サンセットSUPで12月の夕焼けを感じる

手軽にサンセットを見るならこちら!たくさんの生き物が住む湿地帯。マングローブが広がり、カニやハゼなど亜熱帯のさまざまな生き物が生息しています。「網を張る」という意味で「アンパル」と呼ばれています。また、日没時に竹富島方面へ沈むサンセットは神々しさ満点。市街地からも比較的近いので夕食前の17時~18時に行くのがおすすめです。他にもSUPやカヌーでのツアーも人気です。
アクセス:市街地から車で20分

関連プランはこちら↓

 

2.宮良川

北風の影響を受けづらいマングローブカヌー

マングローブが茂る全長約12kmの石垣島内最長の川。宮良川のヒルギ林は、国の天然記念物に指定されています。カヌーやSUPを楽しむのにぴったりで、石垣島No.1のマングローブを楽しめます。
アクセス:市街地から車で15分

関連プランはこちら↓

 

3.川平湾

12月の川平湾の風景

石垣島を代表する景勝地。国指定の名勝地にも選ばれてます。遊泳は禁止ですが、グラスボートでサンゴや熱帯魚を観察できます。近くでは真珠の養殖が行われていることでも有名です。北風の影響を受けやすい場所なので、厚手の服装がおすすめ。川平湾では他にもカヤックやSUPクルージングなどのアクティビティも盛んに行われています。
アクセス:市街地から車で30分

関連コラムはこちら↓

関連プランはこちら↓

 

 

4.米原のヤエヤマヤシ群落

石垣島に自生しているヤエヤマヤシ

八重山地方に分布し、石垣島では於茂登岳(おもとだけ)の山裾にあるこのエリアにだけ自生するヤエヤマヤシ。ほかの亜熱帯植物も生い茂り、まるでジャングルのようです。ボードウォークが整備されているので、気軽に散策が楽しめます。往復10~15分ほどで1周回れるので休憩がてら行けるのも人気の秘訣。また、12月に旬のサトウキビジュースも入口にて飲めるのでおすすめです。

 

5.吹通川

吹通川

吹通川は、石垣島の北部に位置する河口に国指定の天然記念物であるヒルギ林が群生する河川です。吹通川はリバーアクティビティのフィールドとしてよく利用される河川であり、SUPやカヌーにて海から上流へ向けてクルージングします。上流に上っていくにしたがって塩分が低くなるので、塩分の違いによりマングローブの種類が変わります。生息する動物も変わるのでクルージングしながら生き物観察を楽しむことができます。上流にてSUPやカヌーを停めて、その先をトレッキングしていくと縁結びの滝としても知られる屋比久の滝へアクセスすることができます。恋愛のパワースポットとして有名なので、気になる方や大切な方がいる方は屋比久の滝を目指してクルージングを楽しむのもいいですね。

吹通川の基本情報
スポット名:吹通川
住所:沖縄県石垣市野底
アクセス:新石垣空港から車で約20分、石垣港離島ターミナルから約35分

関連プランはこちら↓

 

6.川平観音堂

川平観音堂は石垣島随一の景勝地である川平湾すぐ近くにあるお堂です。周囲には、遊歩道や駐車場の整備がされているので気軽に訪れることができます。川平湾の入り口付近に鳥居に囲まれた階段があり、階段を上がると川平観音堂があります。周囲には木々に囲まれた静寂な空間が広がっているので、とても落ち着いた気持ちでリラックスすることができます。周囲には飲食店やアイスクリーム、お土産屋さんがあるので散策を楽しむこともできます。また、近くの小高い丘の上にある展望台は八重山の家屋らしい赤瓦の建物となっています。ここからは川平湾を一望することができ、ミシュラングリーンガイド三ツ星を獲得した絶景を堪能することができます。

川平観音堂の基本情報
名称:川平観音堂
所在地:沖縄県石垣市川平
アクセス:離島ターミナルから車で約30分
駐車場:あり
食事(周辺):あり
トイレ:あり

 

7.石垣市立図書館

石垣市立図書館は沖縄らしい赤瓦で、石垣市公認のゆるキャラである「ぱいーぐる」が飾られている市営図書館です。新書や雑誌から、一般的な図書館にある蔵書などに加えて、八重山諸島や琉球王国に関する資料もたくさん取り揃えられています。石垣市立図書館は石垣島離島ターミナルから徒歩5分の場所に位置し、市民会館の隣にあるため気軽に足を運ぶことができます。近くには新栄公園や桃林寺があったりとするので、観光・散策を楽しむこともできます。図書館内にはゆったりとしたソファもあるので、ちょっと軽い休憩をする際に訪れるのもいいでしょう。ふらっと立ち会った図書館でお気に入りの一冊に出会えるかもしれませんね。

石垣市立図書館の基本情報
名称:石垣市立図書館
所在地:沖縄県石垣市浜崎町1丁目1
アクセス:離島ターミナルから車で約3分、石垣空港から車で約25分
駐車場:あり
食事(周辺):あり
トイレ:あり

 

8.人頭税廃止百年記念の碑

石垣島を含む八重山とは、近世から明治後期にかけて頭割りで過酷な人頭税が架けられていました。当時の先人たちは日々不条理な税を納めながら困窮していました。明治36年1月1日に新税法へと移行した後、人頭税が廃止となり上記のような重税から解放されました。この人頭税橋を記念してできたのが人頭税廃止百年記念の碑です。いかに先人が耐え抜いていきたか、またその頃を経て今の八重山があることに改めて感謝の気持ちがこみあげてくるスポットです。

人頭税廃止百年記念の碑の基本情報
名称:人頭税廃止百年記念の碑
所在地:沖縄県宮古島市城辺字福里
アクセス:宮古空港から車で30分

 

9.伊野田漁港

伊野田漁港

伊野田漁港は石垣島の北部に位置する、地元民が足しげく通う伊野田エリアの漁港です。周囲には防波堤が綺麗に整備されています。漁港内は全体的に水深が浅いですが、船が通る船道は少し深くなっており、大潮の際には深さが出るのでここにめがけて投げ釣りをする方が多いです。北風の強くなる石垣島の12月に海に入りたくはないけど海のアクティビティをしたい方は伊野田漁港に訪れて、地元のおじぃと一緒に釣りを楽しんでみてもいいですね。因みに石垣島にはボートクルージングをしながら釣りを楽しむことができるアクティビティツアーもあるのでそちらを検討してみてもいいですね。

伊野田漁港の基本情報
名称:伊野田漁港
アクセス:石垣空港から車で約15分
駐車場:あり

石垣島クルージングツアーの詳細はこちら

 

10.古賀辰四郎尖閣列島開拓記念碑

離島ターミナルから徒歩で約10分の場所にある八島緑地公園内には、古賀辰四郎尖閣列島開拓記念碑があります。古賀辰四郎尖閣列島開拓記念碑とは、明治の初めに古賀辰四郎氏の親子二代にて尖閣列島に渡り、私財を投資して開拓した活躍を讃えて造られた記念碑です。石碑には尖閣諸島をかたどったモニュメントがあり、その下には尖閣列島の開拓に関する説明文と地図が記載されており、いかに古賀氏が偉業をなしたかを感じることができます。石垣島には島の英雄であるオヤケアカハチの記念碑といった、時の英雄の記念碑がたくさんあるので島のヒーローたちの歴史を知るために文化遺産のを観光して回るのも石垣島の楽しみ方の一つでもあります!

古賀辰四郎尖閣列島開拓記念碑の基本情報
名称:古賀辰四郎尖閣列島開拓記念碑
所在地:沖縄県石垣市八島町緑地公園内
アクセス:離島ターミナルから徒歩約10分
駐車場:なし
食事(周辺):あり
トイレ:なし

 

石垣島の12月のおすすめアクティビティ!

1.ナイトツアー

南十字星の見える12月の石垣の夜空

12月といえば、星空(ナイトサファリ)ツアーが人気。石垣島をはじめ八重山の島々では星空も魅力のひとつです。なんといっても日本でここしか見れない、南十字星を見れます。偏西風の影響が少ないので星が揺らがず美しく光り、日本で一番星空観察に恵まれます。88ある星座のうち84の星座を見る事ができ、本土ではお目にかかれない 南十字星(座)」が期間限定(12月上旬~ 6月末)で観察できます。天気さえ良ければ『天の川(方言:てぃんがーら)』を気軽に見る事も可能。その恵まれた環境から『天文学者が選ぶ日本で一番綺麗な星空ベスト3』にも選出されています。

関連プランはこちら↓

石垣島のナイトツアーを詳しくチェック!

 

2.グラスボート

グラスボートで石垣の海中を観察

寒い日に海へ入らず、綺麗なお魚やサンゴを見たい方必見のアクティビティ!グラスボートで海中散歩気分♪船底がガラス張りになっていて、海中を覗きながら川平湾をひと巡りするグラスボート。約260種類もの熱帯魚やサンゴが見られます。所要時間は約30分と短いため、小さなお子様連れでも十分に楽しめます。魚が多く見えやすいのは満潮時なので、その日の満潮時間は窓口などで確認しましょう。10~3月はツアー客や団体客が多いの、事前予約をオススメします。体や髪が濡れることも無いので、着替えなどは不要なのもいいですね。

関連プランはこちら↓

石垣島のグラスボートツアーをチェック!

 

3.かわいいイルカとのふれあい

家族でイルカと触れ合い体験

イルカと一緒に泳いだり、魚をあげたり、握手したりして、イルカと直接ふれあえるアクティビティ。生け簀内で飼育しているイルカなので0歳から参加できるのも安心ですね。小さいお子様連れのご家族や12月の冬の海はちょっと…という方におすすめです。ぜひ、水族館とは一味違ったイルカ体験を味わいましょう。

関連プランはこちら↓

石垣島のドルフィンツアーを詳しくチェック!

 

4.竹富島の水牛車観光

竹富島を家族で観光

天気や気候に開催が左右されない竹富島での水牛車観光もおすすめです。伝統が息づく町並みを、三線の音とともに水牛車でめぐりましょう。民謡にも謡われる集落をめぐるルートと、ブーゲン通りを通る2つのルートがあります。島内にスーパーやコンビニはなく、自動販売機も少ないので、飲み物などは石垣島で事前に購入しておきましょう。12月は観光客もそれほど多くないので、みんながイメージしている離島感たっぷりの竹富島を見学に行くのはおすすめです。

関連プランはこちら↓

 

5.ホースライディング(乗馬)

平久保崎周辺で乗馬体験

 出典:沖縄物語

島北部にある観光牧場で、沖縄の小さな馬にゆられビーチをのんびり散歩するアクティビティ。小ぶりなヨナグニウマに乗って平久保牧場を散策したり、集落を抜けて平野ビーチへ足を伸ばしたりと複数のコースが用意されています。牧場からの海の眺めも最高です!

 

6.釣り

お子様フィッシング体験

トイレや日除けテントが整った船もあり、ファミリーにもおすすめのアクティビティ。石垣島の冬の海は爆釣れまちがいなし?!12月に海には入りたくないけど、南国のマリンアクティビティをしたい方に最適です。ミーバイを始めとした南国ならではの魚を釣ってみましょう!他の船も少ないのでベストポイントへ行きたい放題です♪釣った魚を調理してくれるお店も紹介してくれます。

関連プランはこちら↓

石垣島の釣りツアーを詳しくチェック!

 

まとめ

石垣島の12月の旅行で参考になりましたか?ぜひ、旅行に行く前にしっかり準備して楽しい石垣島旅行にしてくださいね。

石垣島での全ての遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?