さらに
絞り込む
該当プラン数 140
カテゴリーからプランを探す
    特徴からプランを探す

    石垣島を楽しむ大定番アクティビティ『シュノーケリング』&『ダイビング』

    最終編集日時;
    投稿日時;
    -この記事をシェアする-

    石垣島でのシュノーケリングとダイビング

    ダイビングへ向かう女性

    石垣島と言えば南国リゾート!南国リゾートと言えばキレイな海!といったイメージの方が多いのではないでしょうか?石垣島を始めとする八重山諸島はイメージ通りキレイな海で有名で、世界中の南国リゾートの中でもトップクラスと言われています♪

    そんなキレイな海でするアクティビティといえばシュノーケル(シュノーケリング)とダイビングが有名かと思いますが、「どこが違うの?」と、その違いを認識出来ていない方もいらっしゃいますので、まずはその違いをご説明したいと思います。

    シュノーケリング

    シュノーケリングを楽しむ女性グループ

    シュノーケリングは、基本的に海に潜らず、水面に浮いて海中の様子を上から眺めて楽しむというアクティビティです。海面に浮かんで、口にくわえた『シュノーケル』という筒を水面から出して、外の空気を吸いながら海を散策します。泳ぐことに慣れた方は時々海の中に潜ることもありますが、その時は息を止めて潜ります。

    関連コラムはこちら↓

    シュノーケリングの使用器具

    シュノーケリングを楽しむ女性2人

    シュノーケリングは、基本的に「3点セット」と呼ばれる器具のみで楽しむことが出来ます!冬など寒い時期はウエットスーツを着用する場合もございます。

    • マスク…水中を見る時に使う水中メガネ
    • シュノーケル…海中を見る際に水面から出して空気を吸うための筒
    • フィン…泳いで進むために足につける足ひれ

    服装はウェットスーツやラッシュガードとライフジャケットが通常スタイル。シュノーケリング「3点セット」は海に潜るための基本中の基本のアイテムなので、自分顔に合わせたサイズや形ものを使用することが大切!スポーツ用品店はもちろん、ホームセンター等でも購入できるので、自前のものをご用意される方も多いです♪

    年齢制限

    シュノーケリングは海面にぷかぷか浮かんで、水中の様子を楽しむお手軽アクティビティなので、もちろん年齢制限はありません。*ただし船を使って行うシュノーケルに参加の場合は6歳以上推奨。

    事前の説明や、はじめの練習は浅瀬でしっかりと行いますが、ライセンスなども必要ないので、小さなお子さまからご年配方まで、気軽に楽しむことができるんです♪シュノーケリングは『海への窓口』と呼ばれるほど幅広い世代の人たちが気軽に楽しめるアクティビティです!

    石垣島で行うシュノーケリングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

    ダイビング

    ダイビングを楽しむ男性観光客

    ダイビングは、海に深く潜って海の中を散策するアクティビティです!
    ダイビングにはライセンス不要の体験ダイビング(最大水深10mまで)とライセンスが必要なダイビングがあります。石垣島でダイビングをされる方の多くが観光旅行客が多いので、夏は特に体験ダイビングお客様が多いです。

    深い海の中でも長時間潜っていられるように必要な器材も使用するので、ダイビングはシュノーケリングに比べると少し本格的です。
    深い場所でしか見ることができない魚や海の生き物を間近で見ることができ、神秘的な世界観を全身で思う存分楽しむことができるのがダイビングの魅力です♪

    ダイビングの使用器具

    ダイビング体験に参加するカップル

    前述の通り、ダイビングは、しっかり潜って海中を散歩するため、シュノーケリングと比べて装備が多いです。「3点セット」はシュノーケリングと同じく身につけますが、その他にも下記の装備が必要です。

    • タンク…海中で呼吸するための空気を背中に背負います
    • レギュレーター…タンク内の空気を呼吸するために必要な、ダイビングの生命線になる器材
    • ゲージ…タンク内の空気の量を表示する器材

    など、全部で約10点ほど身に付けます。
    服装は季節に応じてウェットスーツやドライスーツを着用することになります。

    年齢制限

    ダイビングは、シュノーケルに比べて本格的なアクティビティで、器具をかついだり、水圧のかかる海深くまで潜ることから、年齢制限を設けています。石垣島ツアーズでは10歳以上から楽しむことができます!また年齢制限ではございませんが、ダイビングを本格的に楽しむ場合は「Cカード」と呼ばれるライセンス取得が必要です。

    ライセンスの種類はたくさんありますが、一般的に最初に取得するのはOWD(オープンウォーターダイバー)という資格になるかと思います。OWDを取得すれば、2人以上のダイバーと一緒に18mまで潜ることができます(「自分の経験の範囲内で潜る」というルールがあるので、この資格を取っただけでは潜ることの出来ない場所もあります…)。

    もちろんライセンスを取得しなくてもダイビングを楽しめる「体験ダイビング」もあります。こちらは事前の簡単な講習を受け、インストラクターと一緒に海に潜ることで、本格的に海の世界を体感できます。体験ダイビングの場合はすべての機材が無料

    石垣島で行うダイビングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

    シュノーケリングとダイビングの違い

    シュノーケリング中の水中撮影
    シュノーケリングとダイビングの違いはわかりましたでしょうか?海を気軽に楽しめるのがシュノーケリング、本格的に海を楽しむのがダイビングと考えると簡単ですね!海に入ることにあまり慣れていない方は、シュノーケリングから初めて、もっと海の世界を堪能したくなったら体験ダイビングあるいはダイビング資格の獲得に挑戦!というコースもオススメです♪

    石垣島の海は本当にキレイで、東京や大阪のような都会から少しの時間で行ける海水浴場などとは全く違います!!初心者の方もそうでない方も感動すること間違いなしです!

    石垣島のシュノーケルスポット

    そんな魅力的な石垣島には数多くのシュノーケリングスポットがあります。石垣島のオススメシュノーケリングスポットをいくつか紹介しましょう!

    青の洞窟

    絶好のシュノーケリングスポットの青の洞窟
    青の洞窟といえば沖縄本島やイタリア、カプリ島のものが有名ですが、石垣島にも”青の洞窟”があります。 青の洞窟は日光の入り方や洞窟の形など様々な地理的要件が重なって形成される、とても珍しいスポットなのです。

    鍾乳洞の暗さとエメラルドブルーの海、海面からの反射する日光が織りなす景色はとても神秘的…。石垣島のシュノーケリングの中でもここで行うシュノーケリングはとてもおススメ。サンゴ礁もたくさんあり、水深も深くないので、初心者の方でも楽しめるツア―になっております♪
    幻想的な青色に染まる洞窟があなたを待っています。

    青の洞窟で行うシュノーケリングツアーの詳細はこちら↓

    “幻の島” 浜島

    海の透明度が抜群の浜島
    垣島で今最もHOTな”幻の島”浜島。石垣島から船で約30分ほどの所にある真っ白な島で、潮位によって島が現れたり消えたりする島。

    もちろん誰も住んでおらず、植物さえ一本も生えていないです。浜島自体も人気ですが、この辺りにある石西礁湖と言われる日本一大きな珊瑚礁群はシュノーケル・ダイビングスポットとして大人気。石垣島に観光で来たら一度はこの海で泳いでみたいですね。

    “幻の島” 浜島へ向かうツアーの詳細はこちら↓

    川平湾

    川平湾でポーズを決める女性

    川平湾は石垣島の中でもトップクラスに美しいビーチで、日本百景やミシュラン・グリーンガイド・ジャポン三ツ星を獲得するほど(他の三ツ星観光スポットは清水寺や姫路城、札幌雪祭りなど有名なスポットばかり)!

    川平湾は石垣港離島ターミナルから車で30分ほど北上した場所に広がるビーチで、白砂のビーチと美しい川平ブルーの海が魅力!アクセスも良く、気軽に楽しめる川平湾シュノーケリングを楽しんでみては?

    川平湾で行うシュノーケリングツアーの詳細はこちら↓

    川平湾の詳細はこちら↓

    大崎エリア

    石垣島の大崎エリアで体験ダイビングを楽しむ

    カラフルサンゴ礁や絶滅危惧種のウミガメを見ることができることで有名なシュノーケリング&体験ダイビングスポット。場所にもよりますが、水深も深くなく、ライセンスが不要の体験ダイビングをするのにおすすめのスポットです。初めての方でも楽しめるこのスポットには夏になると沢山のシュノーケル船が立ち並び、体験ダイビングを楽しんでいます。

    石西礁湖

    日本最大級のカラフルサンゴ地帯といわれる石西礁湖。石垣島と西表島に渡って、東西:約20km、南北:約15kmに広がる大サンゴ地帯。世界には1200~1300種類以上あると言われるサンゴですが、ここでは何と約400種類のカラフルサンゴを見ることができるとのこと。見渡す限り広がるカラフルサンゴをぜひ見てみてください。

    石垣島シュノーケリングで見ることができる生き物たち

    シュノーケリングの楽しみの一つは海面に浮かんで眺める色鮮やかな熱帯魚達!石垣島で見ることができる魚たちを紹介していきましょう!

    カクレクマノミ

    ニモで有名なカクレクマノミ

    みんな大好きなディズニー映画、「ファインティング・ニモ」の主人公がこの「カクレクマノミ」です。色がカラフルで、亜熱帯の魚というイメージ通りの魚です♪ちいさくてサンゴ礁周辺に群れで行動することが多いので、比較的簡単に見つけることができます。子供たちも大喜び間違いなし♪

    ルリイロスズメダイ

    ルリイロスズメダイの群

    濃いブルーの体表が特徴的な魚。石垣島の海では非常に良く見かける魚です。

    アオノメハタ

    目も青いですが、体中に広がる青の斑点が特徴的。カクレクマノミやルリイロスズメダイと比べると出会える確率は低いですが、サンゴ礁の近くに生息しているため、運が良ければ出会えるかも!?ハタの仲間で、釣って食べると美味しいそうですよ(捕まえて食べるのはお控えください笑)!
    普段は絶対に出会えないでは、熱帯の魚たち。南国の雰囲気とゆったりとした波に揺られながらのんびり一緒に泳ぎましょう♪

    ウミガメ

    神秘的な雰囲気を醸し出すウミガメ

    ウミガメは綺麗な海にしか生息しないと言われております。しかもウミガメはご存知の通り絶滅危惧種に指定されているので、通常中々見ることができません。ですが、ここ石垣島では高確率でウミガメを見ること、そして一緒に泳ぐことができます!ぜひ、ウミガメと一緒に泳いでみてくださいね。

    マンタ

    手を繋いで泳ぐマンタ
    石垣島の川平湾(北西)方面では世界でもマンタの群れを見るこができるスポットがあります。シーズンになれば数匹はもちろんの事、多いときでは十数匹の群れを見ることができます。

    マンタスポットは海流が早い事でも有名なので、体験ダイビングなどでは、ツアー参加時にお客様のレベルを見て危険でないと判断した場合に行くことが多いです。やっぱり、いくらマンタが見たいといってもせっかくの楽しい旅行なので危険は冒したくないですよね♪

    まとめ

    石垣島のシュノーケリングの魅力は伝わったでしょうか?他にも様々なプランをご用意して皆様をお待ちしております!

    石垣島で行うシュノーケリングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

    石垣島で行うダイビングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

    石垣島での全ての遊びはこちら↓
    石垣島ツアーズ

    ⇒石垣島のおすすめシュノーケリングスポット一覧

    -この記事をシェアする-

    条件から探す

    予約から参加の流れ

    • ツアーを探す

      シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

    • 予約プランの申し込み

      申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

    • 予約確定

      予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪

    • ツアーに参加

      あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

    当日予約OK

    アクティビティから探す

    一覧を見る
    フェリーオンライン予約