石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

石垣島の観光名所!川平湾のおすすめのツアー&遊び方まとめ♪

川平湾

-この記事をシェアする-

石垣島No.1の観光名所!川平湾の楽しみ方って?

透明度の高い川平湾をSUPで遊ぶ女性

石垣島の北西部に位置する川平湾(かびらわん)は、旅行の利便性や魅力を基準に選ばれる、ミシュラングリーンガイドブックの「3つ星(=わざわざその場所を見るために旅行する価値があるという評価)」に選ばれた石垣島を代表する観光スポットです。ミシュラングリーンガイド3つ星は富士山などを初めとした日本で17か所しかないスポットです。今回は、そんな日本を代表する石垣島の川平湾の魅力を楽しむ方法やアクセス情報などをご紹介します!

川平湾ってどんなところ?

石垣島の川平湾

日本百景や名勝にも選ばれているほか、西表石垣国立公園にも属する川平湾。太陽の光によって色合いをエメラルドグリーンやターコイズブルーに変化させる海の美しさが魅力です。

川平湾の砂浜

石垣島に何度も足を運ぶ「島リピーター」が「何度でも訪れたい石垣島のスポット」として名前をあげるほどの人気を誇っています。真っ白な砂浜に湾内を航行する川平湾名物のグラスボート、湾内に点在する小さな無人島、広々とした空がマッチした風景は、写真以上に鮮やかで美しいものです。

美しい川平湾の風景

日本国内はもちろん世界中からも数多くの観光客が訪れる川平湾には、湾の入り口を守るように浮かぶ『小島(くじま)』をはじめとする9つの小島(無人島)が独特の景観をつくっています。海中にはサンゴ礁の群落が広がるほか、カラフルな熱帯魚やマンタ、絶滅危惧種に指定された海ガメなどの生き物が生息する自然にめぐまれた場所です。

ハイビスカスと川平湾

ゆったりとした湾内に点在する9つの島々には、「マジパナリ」「サイパナリ」(「パナリ」とは八重山の方言で「離島」という意味です)などの名前がつけられていますが、この南国らしい海に緑の島々が浮かぶ様子は、どこを切り取っても絵になる完璧なバランスです。

川平湾を望むパーキングから眺める川平湾

ターコイズブルーからエメラルドグリーンの鮮やかな色と透明度バツグンの海が美しい川平湾は、作り物ではない本物の観光地として島民にも認められています。

 

川平湾へのアクセス

バスで川平湾へ行くには?

川平公園のバス停

南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港から直接川平湾へ行く路線バス「米原キャンプ場」行きが1日に2本運行しており、約40分で川平湾に到着します。「空港線」のバスで市街地にある「バスターミナル」に向かい(所要時間約35分)、そこで「川平リゾート線」に乗り換えた場合は、約1時間半で到着します。

レンタカー・タクシーなど車で川平湾へ行くには?

空港からレンタカー・タクシーなど車を利用する場合は、約40分で川平湾に到着します。市街地からの所要時間は、約30分です。タクシーを確実に捕まえるのであれば、ユーグレナ石垣港離島ターミナルがおすすめです。

↓川平湾のマップ↓

川平湾に駐車場はある?

川平湾のコインパーキング

川平湾には川平公園という場所にコインパーキングがあり、レンタカーなどで川平湾を訪れた方はそこを利用することになります。こちらのコインパーキングは比較的割安で、ワンコイン以下での利用が可能な場合が多いです。さらに充分な台数が停められるようになっています(大型バスの駐車も可)。

川平湾を望むパーキング

また、川平公園からは少し離れることになりますが、川平湾の湾奥部の方角にある「川平湾を望むパーキング」と呼ばれる駐車場からは絶景が望めます。4~5台ほどの車を無料で止められる「川平湾を望むパーキング」ですが、川平公園から車で10分弱ほどと少々距離がありますのでご注意ください(また、「川平湾を望むパーキング」の周囲には何もありません!)。

↓川平湾を望むパーキングのマップ↓

ツアーに参加して川平湾に行くには?

川平湾のツアーに参加

後述の川平湾を舞台に遊ぶツアーに参加すれば、ホテルへの送迎があるのでレンタカーやバスを使わなくても川平湾へ行くことができます。*ツアーによって送迎範囲の指定がございます。

川平湾ではSUPやシーカヤック体験ができる

川平湾でSUPを楽しむ女性

上でもお伝えしたように川平湾はグラスボートが行き来するので、遊泳禁止のエリアが多いです。しかし、石垣島のマリンショップが開催するツアーに参加すればSUP(サップ)シーカヤック(カヌー)と言ったアクティビティで川平湾を楽しめます。

 

川平湾で楽しむおすすめアクティビティ!

川平湾でSUP(サップ)を楽しもう!

川平湾でSUPに乗るカップル

SUP(サップ)は、スタンドアップパドルサーフィンが語源のマリンアクティビティ。ハワイが発祥のSUP(サップ)は、サーフボードよりも安定感重視で大きめに造られた専用のボードの上に立ち、ブレードが付いたパドルを漕ぎながら海の上を自由に進むボードスポーツです。特別な技術がなくても気軽に挑戦できることからこの数年の間に石垣島で人気が急上昇しているアクティビティです。

女子旅で川平湾SUPに挑戦

SUP(サップ)は石垣島の穏やかで美しい海と相性抜群。川平湾では、半日(約2.5時間)~1日程度(約6時間)のオプショナルツアーでSUP体験を楽しむことができます。石垣島ツアーズが取り扱うSUP(サップ)ツアーは5~65歳まで参加可能です。

SUPに寝そべって五感で川平湾を楽しむ

日本を代表する海でのSUP体験は、一人旅・友人との弾丸旅行・家族旅行・団体旅行のレクリエーション・デートなどあらゆるシーンにピッタリ。自分で用意するのは、水着とサンダル、日焼け対策の帽子や衣類のみ。ボードやパドル、ライフジャケットなどはすべてショップが無料で提供してくれるため、気軽に参加できます。

川平湾でのSUPを楽しむ

ツアーではインストラクターの説明を受けながら、足が着く程度の浅瀬で練習したあとに海の上に出るので初心者でも安心です!川平湾に浮かぶ島々の間をめぐりながら抜群に透明度の高い海の上をクルージングするのは、石垣島旅行のハイライトとなること間違いなしです。またツアー中の写真をインストラクターが撮影して、すべてのデータを無料でプレゼントするサービスも人気が出ている理由です。

川平湾おすすめSUPツアーはコチラ↓

川平湾をシーカヤックでゆったり海上探検をしよう!

パドルを漕ぎながら海上をゆったりと進むシーカヤック

川平湾でのカヤック(カヌー)体験ツアーでは、オープンデッキタイプのカヤックに乗り、パドルを漕ぎながら海上をゆったりと進みます。グラスボートでは行くことができないエリアからプカプカ浮きながら見渡す川平湾は、ビーチを散策する感覚とは全く違った趣があります。

川平湾でシーカヤック体験

シーカヤック(カヌー)の特徴はとにかく簡単・安全・安心。初めての方でもガイドがパドルの漕ぎ方や乗りこなし方などを一から教えてくれます。ツアー中も常にガイドがサポートします。

親子で川平湾カヌーに参加

川平湾で行われているシーカヤックツアーでは小さなお子さんでも参加可能なものが多く、家族連れに人気のアクティビティとなっています。ツアーで使用しているのはタンデム(二人乗り)カヤックのため、親子2人で1つのカヤックに乗ることもが可能です。上記のSUPツアーと同じく、ツアー中はガイドが写真を撮影し、ツアー後にデータをすべて無料プレゼントしています。遊びたい盛りのお子様の自然体験に、そして家族旅行の思い出作りにおすすめです。

川平湾おすすめカヤックツアーはコチラ↓

グラスボート

川平湾のグラスボート

川平湾の名物といえばグラスボート体験です。グラスボートとは船底がグラス(ガラス)でできている船のことで、海中を船内から観察できる仕組みになっています。

グラスボートの船内

透明度の高い川平湾では、透き通った海中で色とりどりのサンゴや熱帯魚、大きなシャコガイ、ウミガメなどを見ることができます。

グラスボートから見る川平湾の水中

濡れることはなく、老若男女問わず石垣島の海を楽しめます。また天候による影響も少なく、毎日15分刻みで船が出ています。ただ、30分ほどは乗船したままになるので、船酔いに注意する必要があります。

おすすめグラスボートセットツアーはコチラ↓

人気のセットプラン

川平湾SUP or カヌー×青の洞窟シュノーケリング

川平湾でシーカヤックを漕ぐ女性

上記の川平湾でのSUP(サップ)・シーカヤック(カヌー)ツアーと、石垣島の人気シュノーケリングスポット「青の洞窟」でのシュノーケリング体験がセットになった1日プランが人気を博しています。

川平湾のハンモックでひと休み

ツアー中の写真撮影や写真データすべて無料プレゼント送迎サービスも充実しており、参加するだけで手軽に石垣島を楽しみ尽くせる内容が大きく支持されています。

詳細はコチラ↓

幻の島(浜島)上陸&シュノーケリング×川平湾グラスボート体験

空から見た幻の島(浜島)

石垣島には「幻の島」と呼ばれる注目度No.1のスポットがあります。そんな「幻の島」への上陸とシュノーケリング、そして今回ご紹介した川平湾でのグラスボート体験がセットになった1日プランも大変人気です。

川平湾を出入りするたくさんのグラスボート

幻の島と川平湾。二つのマストスポットを訪れて、石垣島を完全制覇できるお得なプランです。

詳細はコチラ↓

 

川平湾周辺の施設・設備

川平湾のトイレ

駐車場(コインパーキング)やトイレ、公園、土産物店、飲食店などがすべてそろっているため観光の利便性が高い川平湾。そんな川平湾周辺の地域は川平公園と呼ばれ、老若男女問わず楽しく観光できるエリアとなっています。

島の駅カビラガーデン

湾のそばには足洗い場や展望台などの設備があります。周辺には土産物店や個人商店、飲食店などがありますが、コンビニはないので注意が必要です。

川平湾がもっともきれいに見える時間や条件

エメラルドグリーンが広がる川平湾

日中がおススメ!

川平湾のビーチに続く階段

朝や昼間、夕方などの時間帯でも見飽きることがないといわれている川平湾ですが、鮮やかなエメラルドグリーン色の海を楽しみたいときは、天気がいい日の午前中から午後にかけての日中の時間帯がおすすめ!この時間帯は、太陽が真上にあるため海がよりきれいに見えるのです。

曇りの日でもきれい!

透明度の高いエメラルドグリーン色の海が広がる川平湾

天候にめぐまれた日の川平湾の美しさは絶賛されていますが、「曇天でもきれいだった!」という声も多数。その日のその時間だけの風景を楽しんでみてください。

干潮→満潮になる時間帯が◎

干潮の川平湾

グラスボートで海の中を観察したいというときは、干潮から満潮になる時間帯がおすすめ!ベストな状態で楽しみたいときは、ネットなどで潮の満ち引きをチェックして計画を立てましょう。

川平湾のサンセットタイム

石垣島の夕焼け空

石垣島の西側にある川平湾ではサンセット(夕暮れ時)の時間帯の風景も楽しめます。条件が揃えば、日が沈んだ後に緑色に近い七色のような不思議な色に空が染まることがあります。この空の色が続く時間帯をマジックアワーと呼びます。川平湾で真っ赤に焼けるような夕日やマジックアワーの幻想的な空を楽しむのも乙な楽しみ方といえます。

サンセットタイムのアクティビティをチェック!

川平湾は星空スポットでもある

石垣島の満天の星空

美しい海が特徴の川平湾は、夜の時間帯とは無縁とも思えます。しかし、川平湾は夜でも訪れる価値アリのスポットなのです。もちろん夜の川平湾周辺は暗闇に包まれており、川平湾そのものを見ることはできません。しかし、その暗闇の中でひときわ輝くのが満天の星空。人口の光が市街地とくらべて極端に少ない川平地域は、星空を観察するにはうってつけのスポットなのです。

石垣島の星空を楽しめるナイトツアーはこちら↓

 

川平湾のおすすめ写真&ビュースポット

川平湾

真っ白なパウダーサンドの砂浜と透明なエメラルドグリーンの海、ゆったりと浮かぶグラスボートとその背景に見える島々。ガイドブックや観光ポスターに必ず登場する川平湾の風景を堪能したい場合は、駐車場からほど近い展望台に行きましょう。展望台から見えるのは、ガイドブックやSNSなどでおなじみの風景ですが、実際に目にするとその美しさは格別で思わず声が出たという人も!

川平公園展望台

より川平湾を近くで眺めたい人は白砂のビーチに降りてみましょう。真っ白な砂浜と、透明な海面がより際立って見えます。

川平湾の波打ち際

川平湾は太陽のあたり具合や雲のかかり具合により表情を変えます。様々なタイミングで写真を撮ってみてください。SNS映えは確定です。

川平湾散策&青の洞窟シュノーケリングツアーの詳細はこちら↓

 

川平湾を観光する時に注意するべきこと

川平湾は遊泳禁止

川平湾の砂浜に座る三人組

川平湾のビーチではグラスボートが頻繁に出入りしています。そのため川平湾のビーチから海に直接入ったり、遊泳することはできません

路上駐車はNG!

川平湾の近くの道路は幅が広く、少しの間であれば路上駐車できそうな雰囲気があります。しかし、路上駐車はもちろんしてはいけません。川平湾のすぐそばには駐在所もあります。短期間の滞在だったとしてもコインパーキングを利用しましょう。

遊泳禁止、パーキング問題を考えるとツアーに参加することをお勧めします!!

 

まとめ

  • 石垣島の超有名観光スポット「川平湾」はミシュラン三ッ星!石垣島に旅行へ行くなら必見のスポット!
  • アクセスはレンタカー・バス・ツアーの三通り
  • 割安駐車場・周辺施設など充実している
  • 遊泳は禁止!(ツアーだと可能!)
  • SUPやカヌー、グラスボートなど様々な遊び方がある!

 

川平湾で遊べるツアー一覧

 

石垣島での全ての遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?