さらに
絞り込む
該当プラン数 188
カテゴリーからプランを探す
    特徴からプランを探す

    石垣島-桃林寺仁王像-

    桃林寺仁王像(とうりんじにおうぞう)の風景

    石垣島の金剛力士像

    金剛力士像

    石垣島の密迹力士像

    密迹力士像

    仁王像の説明

    金剛力士像の説明

    出典:4travel

     

    レンタカーで快適な旅行を楽しもう

    予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!
    ↓詳しくはこちら↓

     

    桃林寺仁王像とは

    桃林寺にある二体の木像。

    1737年に、久手堅昌忠により八重山列島産のオガタマキノで作られた、沖縄県で現存最古の木彫像です。

    山門に向かって左が金剛力士像、右が密迹力士像。1771年の明和の大津波で2体とも流されてしまいましたが、崎枝湾の海岸に打ち上げられているのを発見され、破損した手足を修復し、今の状態で保存されています。

    1956年2月22日には琉球政府重要文化財に指定され、本土復帰後には沖縄県指定有形文化財となりました。

    二体とも歴史と凄みを感じさせる表情で、すごい迫力なので、見応えたっぷりです♪

     

    桃林寺仁王像の行き方

    桃林寺仁王像は離島ターミナルから徒歩約15分、石垣空港から車(一般道)で約20分の場所に位置しています。

    石垣島離島ターミナルを出て左手の道路を道なりに進みます。

    市役所通りを左折してまっすぐ進み、桃林寺西通り線を右折してしばらくまっすぐ進むと右手に桃林寺仁王像を確認できます。

     

    桃林寺仁王像での遊び方

    迫力満点の桃林寺仁王像は、年末年始にみんながお参りに来る場所としても有名です。

    海に囲まれた石垣島では、豊漁を祈願してお祈りされることもあります。近くの唐人墓と合わせて観光しましょう。

     

    桃林寺仁王像の詳細

    桃林寺仁王像
    桃林寺仁王像は市街地や離島ターミナル近くにある桃林寺の山門に祀られている木彫像です。

    1614年に八重山に寺社がなかったことを1薩摩藩が琉球王国へ進言し、臨済宗妙心寺派の寺院として桃林寺が建立されました。

    現在では沖縄最古の木造建築物であり最古の寺院として知られます。

    1737年に山門に沖縄最古の木彫像である桃林寺仁王像が祀られ、1956年に桃林寺仁王像が沖縄県の有形文化財に指定され、権現堂も国の重要文化財に指定されました。

    1771年に起きた明和の大津波では、仁王像の二体とも流されてしまい、桃林寺・権現堂もまた大破してしまいました。

    桃林寺・権現堂は、のちに復元され、流された桃林寺仁王像は手足が破損した状態で崎枝湾の海岸に打ち上げられているところを発見されました。

    現在では桃林寺仁王像も完全に復元されて、桃林寺山門に再設置されています。

    桃林寺仁王像が設置されている山門は赤瓦の屋根のため、八重山らしい落ち着いた雰囲気の残る建物となっています。

    仁王像は迫力があり、見ているだけで力がもらえるような像となっています。

    そんな仁王像が立つ山門を越えると400年もの歴史を持つ雰囲気ある桃林寺本堂でお参りをしましょう!

    寺院内にはキジムナーと呼ばれる妖精の棲家になっているされるガジュマルの木もあるので観察してみてくださいね。

    ガジュマルは観葉植物としても有名なので、これを機に買ってみてもいいですね!

     

    桃林寺仁王像付近のおすすめ観光スポット

    石垣氏庭園

    石垣氏庭園は桃林寺仁王像から向かうには、桃林寺仁王像を出て右に曲がり桃林寺西通り線を右折します。

    2つ目の交差点を左折すると右手に石垣氏庭園が現れます。

    石垣氏庭園は八重山二代庭園の一つあり、当時の上級階級だった石垣氏によって築造した庭園です。

    日本庭園のような落ち着きに加えて、琉球サンゴが点在する八重山独自の景観が特徴的です。

    この名を策定したのは琉球の庭師である城間親雲上だといわれています。

    現在でも石垣氏の祖先の方が住まわれているので、開放されていない限りは外から眺めるようにしましょう。

    石垣氏庭園の基本情報

    名称:石垣氏庭園
    所在地:沖縄県石垣市新川287
    アクセス:離島ターミナルから徒歩約20分
    駐車場:無し
    食事(周辺):無し
    トイレ:無し

     

    南嶋民俗資料館

    南嶋民俗資料館
    南嶋民俗資料館は桃林寺仁王像から向かうには桃林寺仁王像を出て左折し、ゆいロードをしばらくまっすぐ進みます。

    大川(西)交差点を左に曲がり、三つ目の角を左折します。

    次の一つ目の交差点を右折して、すぐに左に曲がると左手に確認できます。

    南嶋民族資料館は、かつて宮良殿内の9代目當貴氏が住居として利用していた約180年間現存する資料館です。

    八重山民政府の知事であった吉野高善により、文化財の流出防止を目的に考古学資料や民俗資料、民具、陶器などが集めて展示されました。

    八重山の歴史や文化を知るのにぴったりの場所です。

    記念品、民芸品の販売もあるのでお土産に見てみてくださいね。

    南嶋民俗資料館(なんとうみんぞくしりょうかん)の基本情報

    名称:南嶋民俗資料館(なんとうみんぞくしりょうかん)
    所在地:沖縄県石垣市大川188
    アクセス:離島ターミナルから車で約5分、石垣空港から車で約10分
    駐車場:あり(2台)
    食事(周辺):あり
    トイレ:あり

     

    新栄公園

    新栄公園
    新栄公園は桃林寺仁王像から向かうには桃林寺仁王像を出て右折し、桃林寺西通り線を南下します。

    しばらくまっすぐ進むと右手に現れます。

    新栄公園は広い敷地がある緑地公園であり、多くの子どもたちが遊んでいる光景が特徴的です。

    園内には世界平和の鐘や平和都市宣言の碑、石垣市のゆるキャラであるぱいーぐるの像など色々と鑑賞することができるスポットがあります。

    ほのぼのとした雰囲気の場所なので、お弁当を買ってピクニックなんてもいいですね。

    広い敷地のため、新栄公園ではしばしばオリオンビアフェストやとぅばらーま大会などの野外イベントが開催されます。

    新栄公園の基本情報

    名称:新栄公園
    所在地:沖縄県石垣市新栄町4
    アクセス:離島ターミナルから徒歩で約5分
    駐車場:あり
    食事(周辺):あり(市街地周辺)
    トイレ:あり

     

    桃林寺仁王像の詳細

    名称 桃林寺仁王像(とうりんじにおうぞう)
    所在地 沖縄県石垣市石垣285 桃林寺(MAPで見る
    アクセス 離島ターミナルから徒歩約15分、石垣空港から車(一般道)で約20分
    駐車場 あり
    食事(周辺) なし
    トイレ なし

    関連コラムはこちら↓
    石垣島のサンセットを楽しもう♪絶景スポット7選♪

    全アクティビティを見る↓
    石垣島ツアーズ

    ←石垣島のおすすめ観光スポット一覧へ

    条件から探す

    予約から参加の流れ

    • ツアーを探す

      シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

    • 予約プランの申し込み

      申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

    • 予約確定

      予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪

    • ツアーに参加

      あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

    当日予約OK

    アクティビティから探す

    一覧を見る
    フェリーオンライン予約