石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

石垣島-大崎ビーチ-

石垣島の大崎ビーチ

大崎ビーチの風景

砂浜と透明度の高い海

海上からでもサンゴがくっきり

石垣島の大崎ビーチ

シュノーケリングポイントとしても!

駐車場もあります

出典:4travel

大崎ビーチとは

石垣島の北西部にある屋良部半島の南西端付近にあり、石垣島で最も西にあるビーチです。電信屋跡の裏に広がる大崎ビーチは市街地から車で30分弱かかることもあり、観光客がそこまで多くなく、穴場のビーチです!海の水の透明度は非常に高く、白い砂浜が綺麗です♪浅場のサンゴがとても美しくシュノーケリングにも最適!シュノーケリングツアーでも使われることもある、きれいな海が広がります♪

大崎ビーチでの遊び方

大崎ビーチは北西の崎枝辺りにあることから、人が少なく穴場的スポットです。但し人が少ないこともあり、個人で行く場合は必ず安全管理をしっかりしていきましょう。

関連アクティビティはこちら↓

大崎ビーチの詳細

大崎ビーチ
大崎ビーチは石垣島最西端に位置するビーチであり、ガイドブックで紹介されない穴場的な観光スポットです。周辺設備は広い駐車場しかなく、自然のまま状態で残るビーチとなっています。豊かな海でのんびり過ごしたい方にはぴったりのスポットですが、飲み物や必要なものはぜひ用意して訪れるようにしましょう。人もほとんど訪れず開発も全くされていないため、海は透明度が抜群でありとても豊かな海が広がります。海に入らなくても海底にはカラフルなサンゴや彩り豊かな熱帯魚が生息しています。生物量が豊富であり、地形も独特のためシュノーケリングやダイビングに人気のスポットでもあります。生き物観察だけでなく海中探索も楽しむことができますよ。

大崎ビーチのおすすめアクティビティ

手付かずの自然が残り生き物が豊富に生息している大崎ビーチ。独特な地形や波が高く立つこともあるスポットでもあります。そんな大崎ビーチでおすすめのアクティビティについてご紹介いたします。

・サーフィン
大崎ビーチはサーファーが集うビーチサーフィンスポットです!他のビーチはサーフィンできるスポットはありませんが、大崎ビーチはサーフィンのリピーターが集まる人気の天然ビーチです。そんなに多くの人には知られていないため混雑することがないので、サーフィンをしっかりと楽しむことができます。
大崎の近くにはヤラブというサーフィンスポットもあり、ベストシーズンは9月から4月と波の立つ条件や期間がヤラブと似ています。北東の強い風が吹く時に波のサイズがスケールアップします。波のサイズが胸までスケールすると渦巻く波が発生すると覚えておくと良いでしょう。飲まれるほど高くなることはないので、初級者から中級者向けのサーフィンスポットです。

・ダイビング
大崎ビーチは沖合方面に300mほど進んだ海底にはサンゴの群生地があり、カラフルな魚が泳いでおり、色彩豊かな世界が広がっています。コバルトブルーのルリスズメダイが小さな群れを作って泳いでいる姿を見ることができます。
他にもハナゴイリーフやミノカサゴ宮殿などの人気のダイビングスポットがたくさんあります。ハナゴイリーフにはこの海域でしか見ることができないハナゴイという魚が泳いでいます。ミノカサゴ宮殿も名前の通りミノカサゴが生息しており、ヒレを揺らしながら優雅に泳ぐ姿を見ることができます。
ハナゴイは南国の海に生息する魚類であり、体色が鮮やかな朱色の美しい魚です。特徴的な胸鰭の形が鋭い形状をしています。光に照らされると色がより鮮やかに見えることからとても魅力的な姿をしています。
ミノカサゴの特徴はトゲトゲとした長い胸鰭とシマシマ模様が特徴的なカサゴの仲間です。ヒレの先には神経毒を有しているトゲがあり、刺されると痙攣や吐き気などを引き起こします。攻撃性の高い魚類なので刺激するとダイバーを追い回すことが知られているので、決して刺激しないようにしましょうね。

大崎ビーチ付近のおすすめ観光スポット

電信屋跡

電信屋跡
電信屋跡(正式名称:海底電線陸揚室)は大崎ビーチの東方にある軍事目的で作られた電信屋の跡地です。1897年に陸軍によって軍事目的で台湾と日本とを海底電線でつなぐものとして作られており、第二次世界大戦の戦後まで50年近く使用されていました。
電信屋跡は太平洋戦争のさなかに連合軍による砲撃を受けて大破してしまいました。周辺の建物は完全に倒壊しましたが、唯一この建物だけが残りました。壁や天井に無数の弾痕があり、当時の戦争の悲惨さを感じられるスポットです。

電信屋跡の基本情報
名称:電信屋跡(でんしんやあと)
所在地:沖縄県石垣市崎枝
アクセス:離島ターミナルから車で約35分
駐車場:なし(車がUターンできるスペースはあり)
食事(周辺):なし
トイレ:なし

御神崎

御神崎
御神崎は大崎ビーチの北方にある石垣島の最西端に位置する岬であり、断崖に白波を立てながら打ち付ける波からはスリリングかつ美しさを感じられます。岬の先端には御神崎灯台があり、春先になると一帯をテッポウユリとヒルサザキツキミソウが辺りを白とピンクに染め上げます。
西海岸に位置するため、夕刻時には地平線へと沈むサンセットを見ることができます。また、ここからは小浜島や西表島も望むことができるので、周辺離島と夕焼けのコラボを堪能することができます。
御神崎は浜へ降りることができ、しばしばSUPやシュノーケルなどのアクティビティも楽しんでいる方がいます。観光客が少ないので、自由度高くアクティビティを味わうことができます。

御神崎の基本情報
名称:御神崎(おがんざき)
所在地:沖縄県石垣市字崎枝
アクセス:新石垣空港から車で約1時間20分、石垣港離島ターミナルから車で約45分
駐車場:あり(約10台)無料
食事(周辺):あり
トイレ:あり

屋良部岳

屋良部岳は大崎ビーチの北方にそびえ立つ標高が216.5mの山岳です。山頂にはトロルの舌と呼ばれる岩が鎮座しており、人気のフォトスポットです。
トレッキングする際には山の麓から登るコースと8号目まで車でアクセスして残りを登るコースとがあります。ご自身の体力に合わせてコースを選んでみてくださいね。近くには崎枝小中学校があり、そこの生徒さんも登る山なので、トレッキング初心者でも気軽に登ることができます。
トレッキングコースには亜熱帯の動植物が多く生息・生育しており、草木をかき分けながら進むのはまさに探検。ジャングルを出た先にはトロルの舌が現れます。怪物トロルの舌のように巨大岩が突き出ていることからこのような名前がつけられました。このトロルの舌の上に登ったり舌をくぐったりすることもできるので、ぜひ足を運んでみてください。

屋良部岳の基本情報
名称:屋良部岳
アクセス:石垣市街地からは車で約30分
駐車場:専用はなし、近くに有料パーキングあり

大崎ビーチの詳細

名称 大崎ビーチ
所在地 沖縄県石垣市崎枝(MAPを見る
アクセス 石垣島離島ターミナルから車で30分程度
駐車場 あり
食事(周辺) なし
トイレ なし

関連コラムはこちら↓

石垣島でレンタカーを借りるならこちら↓
石垣島レンタカー

全アクティビティを見る↓
石垣島ツアーズ

←石垣島のおすすめ観光スポット一覧へ

特別コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?

フェリーオンライン予約