石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

石垣島-明石海岸-

石垣島の明石ビーチ

明石(あかいし)海岸の風景

明石の海岸の風景

きれいな珊瑚礁が楽しめます

白い砂浜

色々な生き物にも出会えるかも?

出典:4travel

明石海岸とは

石垣島の北東部に長くのびる『平久保半島』の途中にある明石(あかいし)集落の東側にある天然ビーチ。ビーチはかなり広々としていますが、一方で非常に静かで、ゆっくりと散歩したり、波の音に耳を傾けたり、ヤドカリを探したり南国気分を静かに楽しむのに最適♪浜は弧を描いて約1キロ以上に渡って続き、シュノーケルも楽しめます。地元の人が時々訪れるくらいで、人の数が何より少ないです!(笑)
ビーチの左手には『久宇良(くうら)岳』、右手には『トムル岳』が望め、絶景が広がる明石ビーチは、パラグライダーのスポットとしても知られています。

明石海岸の行き方

新石垣空港から車で約45分の場所に位置しています。新石垣空港を出て国道390号線を海を右手に見ながらしばらく進むと右手に確認できます。

明石海岸での遊び方

明石海岸ではシュノーケリングやパラグライダーを楽しみましょう!パラグライダーは予約必須ですが、シュノーケリングは自由に行けるので、必ず行く際は市街地等でシュノーケルグッズをレンタルしてから向かいましょう。

明石海岸の詳細

明石海岸は北東方向に延びる平久保半島の東海岸にあるビーチであり、島屈指のサンライズスポットとして知られます。ただし、明石海岸への案内板はないので、初めて訪れる方は迷うかもしれません。そのため、観光客がそれほど多いスポットではないので穴場ビーチとも言えます。
石垣島でもトップクラスに大きなビーチであり、コの字の形に1kmにかけて広がっている天然ビーチです。手付かずの自然のためトイレやシャワーなどの設備がないので、飲食やトイレについては近くの集落の売店やカフェを利用するようにしましょう。
石垣島最大級ビーチであるものの案内板がないのに加えて、ガイドブックにも掲載されていないスポットなんです。明石海岸は西表石垣国立公園の一部であることから紹介されていないことが考えられます。西表石垣国立公園は西表島、石垣島にかけてのエリアが指定される国立公園です。豊かな自然保護の観点から人が多く訪れないように公に紹介されていないことが考えられます。その結果、昔ながらの自然のままの姿を残しており、毎年ウミガメが産卵に訪れる地となっています。
ウミガメは綺麗な砂浜にしか産卵に訪れないといわれているので、昔ながらの自然のビーチを残せている証拠ともいえますね。ビーチの入り口にはウミガメの産卵地という看板が立てられており、亜熱帯の植物が多く群生しています。ジャングルのように鬱蒼とした草木の間が道となっており、ビーチへ向かうまでの時間は探検しているような感覚になります。ジャングルが拓けて白砂ビーチが広がる光景はまさに絶景です!
生い茂っている林は防風林の役割も担っているため、明石海岸の海とても穏やかになっています。ただし、冬のシーズンは北風の影響を受けやすいので、海水浴などを楽しむときには冬以外を狙っていきましょう。一方で、冬場は漂着物が多くなるのでビーチに流れ着いたものや生き物を観察するビーチコーミングを楽しむことができます。貝殻や珊瑚のかけらなども落ちているので、アクセサリーや装飾品を作るのにぴったりです!冬だけでなく他の季節は各季節ごとに変わった漂着物があるので探してみてくださいね。
また、明石海岸がある明石エリアには、他のエリアでは体験できない定番のアクティビティがあります。それはパラグライダー体験です。明石海岸の北方に明石パラワールドテイクオフ場という石垣島で唯一パラグライダー体験できる場所ががあります。眼下には海底にサンゴ礁を望みながら石垣島の空を滑空するのはとても気持ちが良いです。他のエリアではできないので明石に来た際にはぜひ参加してみてくださいね。
明石海岸の人気アクティビティにはシュノーケリングもあります。遠浅なビーチのためサンゴ礁はそれほど多くありませんが、サンゴの種類や熱帯魚は多く生息しています。そのため、安全にシュノーケリングを体験することができます。
明石海岸の海は深い青色であるため、鮮やかな色合いのサンゴや熱帯魚がとても映えます。人も少ないので自分のペースでシュノーケリングができるので、のんびりとアクティビティを楽しみたい方にはぴったりです!
そんな明石海岸の近くには石垣島で指折りの人気を誇る食堂、明石食堂があります。連日、行列ができる明石食堂にぜひ足を運んでいただきたいです。

・明石食堂
明石食堂は明石エリアにある石垣島でもトップクラスの人気を誇る老舗食堂です。多いときには一日300人もの人が訪れて、店前に行列ができます。定番メニューは軟骨ソーキそばであり、骨の芯までじっくり煮込まれた旨味たっぷりの深い味わいのソーキそばとさっぱりとした後味のためいくらでも食べられるような気がします。とろっとろと口の中でとろける豚肉は絶品です!

明石食堂の基本情報

名称:明石食堂
住所:沖縄県石垣市伊原間360
電話番号:0980-89-2447
営業時間:
昼:11:00~15:00
夜:18:30~21:00
定休日:月曜日、火曜日
支払方法:現金のみ

明石海岸付近の観光スポット

サビチ鍾乳洞

サビチ鍾乳洞
サビチ鍾乳洞の明石海岸の南西方向に位置する全長は324mほどの鍾乳洞ですそれほど大きな鍾乳洞ではありませんが、1番の特徴は鍾乳洞が海へ抜けている点です。これは国内でもサビチ鍾乳洞のみです。
3億7000年前の地殻変動いによってできたといわれており、ダイナミックな作りの中には様々な種類の化石や鍾乳石が散在しています。ナイアガラの滝という名前のついたような特徴的な形をしている鍾乳石があります。
真っ暗な鍾乳洞の中を進んだ先に差し込んでいる光がとても美しいです。抜けた先の海からは美しいサンセットを望むことができるので、あえて夕刻時に訪れるのもいいですね。

サビチ鍾乳洞の基本情報

スポット名:サビチ鍾乳洞
住所:沖縄県石垣市伊原間バンナ185-44
アクセス:石垣空港より船越方面へタクシー40分

石垣島サンセットビーチ

石垣島サンセットビーチは明石海岸の北西方面にある人工ビーチです。石垣島サンセットビーチは西海岸に位置するため、夕刻時には地平線に沈む夕焼けを望むことができます。
人工ビーチのためしっかりとした管理がされており、監視員が常駐やクラゲ防止ネットの設置がされているためお子さま連れの方や泳ぎが苦手な方にもお勧めできるビーチです。ビーチに面している海には防波堤の役割を担っているリーフがあるため、穏やかな海で海水浴やアクティビティを楽しむことができます。
また、海を正面にすると目の前にはキノコ岩、右手に平久保崎、左手にはダテフ崎があり、美しい景観を堪能することができます。

石垣島サンセットビーチの基本情報

スポット名:石垣島サンセットビーチ
住所:石垣市平久保
アクセス:新石垣空港から約25キロ、車で約50分

玉取崎展望台

玉取崎展望台は明石海岸を南下した場所に位置している、島で有数の絶景スポットです。小高い丘の上に建立された展望台からは眼下に透明度の高いエメラルドグリーンの海が広がります。海底のサンゴ礁まではっきりと確認することができます。展望台からは海はもちろん、バンナ岳や伊原間湾なども一望することができます。右手に石垣島の海、正面にはバンナ岳をのぞむことができます。

玉取崎展望台の基本情報

名称:玉取崎展望台(たまとりざきてんぼうだい)
所在地:沖縄県石垣市字伊原間
アクセス:バスターミナルからバスで60分
駐車場:あり
食事(周辺):あり
トイレ:あり

明石海岸の詳細

名称 明石(あかいし)海岸
所在地 沖縄県石垣市伊原間340(MAPで見る
アクセス 新石垣空港から約22キロ、車で約45分
駐車場 なし
食事(周辺) あり
トイレ なし

関連コラムはこちら↓

石垣島でレンタカーを借りるならこちら↓
石垣島レンタカー

全アクティビティを見る↓
石垣島ツアーズ

←石垣島のおすすめ観光スポット一覧へ

特別コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?

フェリーオンライン予約