石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

竹富島-竹富民芸館-

竹富民芸館の風景

竹富民芸館入口

赤瓦家屋

織り機の展示

ミンサー織の解説

出典:4travel

竹富民芸館とは

竹富島の伝統的織物を見学できる所。竹富島で有名なミンサー織や芭蕉織などを作業パネルだけでなく、実際に追っているところも見学できます。また、機織り体験もできるので、実際に体験してみるのもいいですね。お土産用にコースター等の販売も行っています。

竹富民芸館の行き方

竹富港から徒歩で約15分、レンタサイクルで約10分の場所に位置しています。竹富港を出て集落方面にまっすぐ進みます。左手に竹富島ぱーら願寿屋・島宿願寿屋が見えたら次の交差点を右折します。道なりにまっすぐ進むと竹富民芸館が左手にあります。

竹富民芸館での遊び方

竹富島の伝統的織物をパネルや実演を使って学べます。時間があれば、機織をぜひ体験してみましょう。縦横10㎝ほどのコースターなら1時間もかからずに体験できるので軽く体験したい方にはおすすめ。また、ミンサー織りのテーブルクロスなども作ることができます。

関連アクティビティはこちら↓

竹富民芸館の行き方

竹富港から徒歩で約15分、レンタサイクルで約10分の場所に位置しています。竹富港を出て集落方面にまっすぐ進みます。左手に竹富島ぱーら願寿屋・島宿願寿屋が見えたら次の交差点を右折します。道なりにまっすぐ進むと竹富民芸館が左手にあります。

竹富民芸館の詳細

 竹富民芸館
竹富民芸館は竹富島の伝統文化である織物を正しく後世へ伝え、発展させていくために創設された施設であり、館内には何台もの織り機が設置されており、島民の方々が使用されています。ミンサー織りや伝統織物など、様々な展示物が境界されており、原料から染め織りまでのすべての工程について詳細に知ることができます。
竹富島ではミンサー帯や芭蕉布といった伝統的な織物が受け継がれており、館内では芭蕉布が織りあがるまでの作業工程をパネルで紹介しているのに加えて、実際に機織りを見学や体験をせることができます。機織り体験コーナーでは、実際に機織り体験に挑戦することができ、10cm角のコースターであれば30分~1時間ほどでできあがります。もちろん物販の販売もされており、ミンサー織りのテーブルクロスで1500円~ととてもリーズナブルです。
竹富民芸館内には10台近くの織機が並んでおり、伝統織物を受け継ぐために島の女性の方や織物の勉強される方々が日夜機織りを行っているんです。機織り実演では、島民の方が実際に芭蕉布を織っているところを見学することができます。芭蕉布は糸芭蕉の木から糸を紡ぎだし織り上げるまでに大変な手間や技術を要することか沖縄の織物で最も美しい布といわれているんです。
また、ミンサー帯もまた竹富島の代表的な織物であり、約300年も受け継がれてきている歴史のある織物です。ミンサー帯自体は沖縄の各地で織られている木綿の細帯であり、地方毎に柄に特徴があります。竹富島では"島の女性がいつの世までも末永く仲睦まじく"の願いを込められた、"いつのよの模様"と呼ばれる五つ玉と四つ玉を組み合わせた模様が織られます。この布を好きな男性に送るという風習がありました。気になる方が居られる方はぜひ試してみてくださいね。

竹富民芸館付近のおすすめ観光スポット

お願いシーサー

お願いシーサーはお願いシーサーを出て集落中心へ向かう道中、右手にあります。八重山の原風景を残す竹富島は至る所にシーサーがありますが、このお願い事をするように掌を合わせたシーサーは誰が設置したのか知られていません。
竹富島だけでなく沖縄では頻繁に目にするシーサーは沖縄の言葉で獅子の意味を持っており、村や家にやって来る災いや悪霊を追い払う神獣といわれています。そのため、村や家など至る所に設置されているんですね。そんなシーサーはお魚を加えていたり親子のシーサーがあったり満面の笑みだったりと、とても表情や個性が豊かです。
そんな中、手を合わせてお願いのポーズをしているのはお願いシーサーだけなんです。また、このお願いシーサーを自力で見つけると願い事が叶うと言われているので、ぜひ探してみてくださいね!

お願いシーサーの基本情報
名称:お願いシーサー
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富 竹富島
アクセス:竹富港から徒歩で約15分
駐車場:なし
食事(周辺):なし
トイレ:なし

なごみの塔

なごみの塔
なごみの塔は集落の中心部に位置する物見台であり、ここからは集落全体を一望することができます。竹富島では建設される建物について厳しい規制があるため、小中学校を除いてすべての建物がが平家となっており辺りを見渡すことができます。

なごみの塔の基本情報
名称:なごみの塔
所在地:沖縄県八重山郡竹富町竹富
アクセス:竹富港から徒歩15分
駐車場:なし
食事(周辺):なし
トイレ:なし

ンブフル展望台

ンブフル展望台
ンブフル展望台は竹富島の集落にある小高い丘に建てられた展望台です。ンブフル"という変わった名前は、昔島民が飼っていた牛が夜中に逃げ出した際に"ンブフル、ンブフル"と鳴きながら、丘を作ったことからこの丘をンブフル丘と命名し、そこに建てられた展望台だからンブフル展望台と名付けられました。
当時の展望台がいつからかなくなってしまいましたが、近現代風に再建された状態のものが今もあります。

ンブフル展望台の基本情報
名称:ンブフル展望台
所在地:沖縄県八重山郡竹富町竹富
アクセス:竹富港から徒歩15分
駐車場:なし
食事(周辺):なし
トイレ:なし

竹富民芸館の詳細

名称 竹富民芸館
所在地 沖縄県八重山郡竹富町竹富島 (Mapで見る
アクセス 竹富港からその他で10分レンタサイクルで約10分
駐車場 なし
食事(周辺) あり
トイレ あり

関連コラムはこちら↓
竹富島への行き方・遊び方・おすすめポイント一覧!

全アクティビティを見る↓
石垣島ツアーズ

←竹富島の基本情報・おすすめスポット一覧へ

特別コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?

フェリーオンライン予約