さらに
絞り込む
該当プラン数 327

黒島-伊古桟橋-

伊古桟橋

 

伊古桟橋とは

2005年に国の有形文化財に指定された伊古桟橋。

透明度抜群の海に真っすぐ延びる桟橋は写真映え抜群です。

かつてはこの桟橋が使われていたそうですが、現在は釣りをしたり観光客が写真を撮ったりするのみです。

 

伊古桟橋の行き方

伊古桟橋は黒島港から徒歩で約27分、車で約9分の場所に位置しています。

黒島港を出てはじめの交差点を越えて次のT字路を左折します。

突き当たりを右に曲がった後に左折します。

しばらく道なりに進み、突き当たりを左折すると正面に伊古桟橋があります。

 

黒島行きフェリーご予約はこちら

 

伊古桟橋での遊び方

黒島で1.2を争う写真映えスポット。

多くの観光客が写真を撮りにここへ観光に来ます。

桟橋を近くで見るのもおすすめですが、遠くから桟橋とエメラルドグリーンの海を見るのもおすすめです。

 

伊古桟橋の詳細

伊古桟橋
黒島を含め沖縄には様々な橋がありますが、周囲を海に囲まれた離島だからこそ桟橋があるのが特徴的です。

桟橋は船舶が着岸するために陸部から海上へ向けて作られた橋状の係留施設のことです。

箸を繋いだりドライブで渡ったりすることはできませんが、西表島ではフサキビー桟橋、竹富島では西桟橋といった人気の観光スポットとしても知られます。

黒島で有名な桟橋は伊古桟橋であり、沖縄県八重山郡竹富町字黒島地先にあります。

車で入っていくことはできませんが、自転車や徒歩では桟橋ギリギリまで訪れることができます。

桟橋を歩いている時は周囲にエメラルドグリーンの海に囲まれてまるで海の上をあるているような気分を感じることができます。

伊古桟橋は1924年に建設されましたが、1933年の台風で倒壊しまいました。

その2年後の1935年に再建されて、それ以来現在の形で桟橋が残っています。

伊古桟橋は海に向かって伸びており、石積造もしくはコンクリート造で表面はモルタル塗となっており、全長は354m、幅員4.25m、高さ1.8mと見応えのあるサイズ感となっています。

桟橋の先端部には4本の係船柱と荷置き場が備えられており、黒島の生活を支えていた漁業船が船着場として利用されていました。

現在では利用されておらず、釣りや景観を楽しみに訪れる場所となっています。

2005年の12月には登録有形文化財に登録されました。

台風の影響により桟橋の途中には崩落している箇所がいくつかあるので、足元に気をつけて訪れてくださいね。

また、周囲の海は遠浅な海のため干潮時に訪れると干上がってしまうので、満潮時に足を運ぶことをおすすめします。

 

伊古桟橋付近のおすすめ観光スポット

北神山御獄

北神山御獄は伊古桟橋から向かうには伊古桟橋を出て南下します。

T字路を2つ越えると左手に北神山御獄があります。

北神山御嶽(ニシハメマワン・ニシカメマワン)は島の北東部に位置する御嶽です。

かつて黒島の船道家の祖に3人の兄妹がおり、その兄をカラマ加那、弟をカラジボウジ、妹をカキラチマーチと呼んでおり、兄弟は船乗りで船の操縦に関して抜群の腕前があり、様々な航海を担当しました。

そこで船道という名前をいただきました。

その子孫である船道樽もまた航海に優れた腕前を持っており、八重山-沖縄間の37回もの航海を全くの事故なしで行いました。

この奇跡の実現の裏側には霊感の強い妹が兄の航海の安全祈願していたことがありました。

この祈願を行っていた場所を神の霊場として航海安全の御嶽として崇敬するようになり、現在の北神山御嶽となりました。

北神山御獄の基本情報
名称:北神山御獄
住所:沖縄県八重山郡竹富町黒島1938
アクセス:黒島港から徒歩で約27分、車で約8分
駐車場:なし
食事(周辺):なし
トイレ:なし

 

道100選の碑

道100選の碑は伊古桟橋から向かうには伊古桟橋を出て南下します。

北神山御獄よりもより南下していきます。

集落内に入ってもしばらく真っ直ぐ進み、213号線が合流する交差点の一角に道100選の碑が建てられています。

道100選の碑は東筋の伝統芸能館前から黒島小中学校へと伸びる県道213号線黒島港線が日本の道100選に選出されたことをきっかけに建立されました。

道の両側には石垣が続いており、ここからは八重山らしい赤瓦屋根の昔ながらの景色があります。

集落を抜けると牧場や牧草地の田園風景が広がっており、100選道路に選ばれた1986年は一面が白砂が敷き詰められた未舗装の道であり、より美しさを感じられました。

道100選の碑の基本情報
名称:道100選の碑
住所:沖縄県八重山郡竹富町黒島1474
アクセス:黒島港から徒歩で約30分、車で約5分
駐車場:なし
食事(周辺):あり
トイレ:あり

 

黒島展望台

 黒島展望台
黒島展望台は伊古桟橋から向かうには伊古桟橋を出て南下します。

左手にイコノマというカフェが見えてすぐのT字路を右折します。

しばらく道なりに進むと、突き当たりに黒島展望台があります。

黒時展望台は渦を巻いたような一風変わった形をしており、横には黒島小学校があるので簡単に見つけることができるでしょう。

展望台の頂上からは島内に広がる緑の大草原はもちろんのこと、西表島や竹富島、石垣島を一望することもできます。

展望台横には東屋もあるのでゆっくりと景観を堪能することができます。

また、ここから見るとサンセットは絶品で地平線へ沈む夕焼けは感動必至です。

黒島展望台(くろしまてんぼうだい)の基本情報
名称:黒島展望台(くろしまてんぼうだい)
所在地:沖縄県八重山郡竹富町黒島1463
アクセス:黒島港から徒歩で約21分、車で約4分
駐車場:なし
食事(周辺):なし
トイレ:なし

 

伊古桟橋の詳細

所在地 沖縄県八重山郡竹富町黒島 地先(MAPで見る
アクセス -
駐車場 なし
トイレ なし
営業時間 -

全アクティビティを見る↓
石垣島ツアーズ

←黒島の基本情報・おすすめスポット一覧へ

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

-この記事をシェアする-
営業中 8:00〜17:00
-この記事をシェアする-
当日予約OK
SALE