さらに
絞り込む
該当プラン数 188
カテゴリーからプランを探す
    特徴からプランを探す

    黒島-ピジリ御嶽-

    ピジリ御嶽とは

    ピジリ御嶽は黒島の西部に位置しており、宮里海岸から少し陸寄りの場所に位置する御嶽です。
    漁を行なった際に何度も石がひっかかったので村へ持ち帰ろうとし、その道中で網が破れてました。その後、この石を霊石として信仰するようになりました。それ以来、農作物は豊作、海では大漁が続いたため、近隣の島民も信仰するようになり現在のピジリ御嶽として祀られるようになりました。近くには船浦御嶽(フノーラワン)や迎里御嶽(ンギシトゥワン)もあります。

    ピジリ御嶽の行き方

    ピジリ御嶽は黒島港から徒歩で約26分、車で約6分の場所に位置しています。
    黒島港を出てまっすぐ南下します。突き当たりを左折してすぐの交差点を右折すると左手にあります。

    ピジリ御嶽の遊び方

    ピジリ御嶽の近くには宮里海岸があります。宮里海岸では豊年祭の船漕ぎが行われるのでタイミングが会えば是非見てみてくださいね。また、宮里海岸は透明度高い海に面しており、海の中にはサンゴや熱帯魚がいるのでシュノーケリングしてみましょう。ただし、シュノーケルセットの貸し出しがないので、個人で持ち込みましょう。

    ピジリ御嶽の詳細

    ピジリ御嶽は黒島ビジターセンターの南方、宮里海岸へ行く道中にある御嶽であり、鬱蒼とした藪の中を進んでいかないといけないため一見わからないかもしれません。島の方がいらっしゃったら聞くことをおすすめします。
    ピジリ御嶽にも他の御嶽と同様に逸話が残っています。かつて、宮里村の津久登武家(ツクドゥンヤー)の方が夜間に張網を持ち松明の明かりで魚を掬う漁に出掛けた際に魚が全く捕れず、何度も同じ石がすくい上げられました。そのため、普通の石ではないと考えて持ち帰りました。村へ持ち帰る途中で石を入れていた網が破れてその地に根付いたことから、宮里村の津久登武家の人は霊石として信仰するようにになりました。それ以来、同家では農作物は豊作、海では大漁が続きました。近隣の方も同様に信仰するようになり、御嶽として祀られるようになりました。この霊石は干潮になると軽く、満潮になると重くなるという現象が起こり、その理由として干潮時には神が漁に出ており満潮には戻ってくるからといわれています。

    ピジリ御嶽付近のおすすめ観光スポット

    宮里海岸

    宮里海岸
    宮里海岸はピジリ御嶽のすぐ南方に広がるビーチであり、黒島で最も有名な有名な 仲本海岸と比べると知名度は低いですが、手付かずの自然が残る美しいビーチです。周辺設備などは何もありませんが、透明度の高い海の中にはカラフルなサンゴや色鮮やかな熱帯魚が多く生息しています。シュノーケルセットの貸し出しがないので、持ち込みいただければシュノーケリングも楽しむことができます。
    上でご紹介の通り、仲本海岸ほど有名なビーチではないため観光客も少なく、プライベートビーチ気分を味わうことができます。7月には豊年祭が開催される場所でもあるので、タイミングが合えば訪れてみてくださいね。

    宮里海岸の基本情報
    名称:宮里海岸
    所在地:沖縄県八重山郡竹富町黒島
    アクセス:-
    駐車場:なし
    食事(周辺):なし
    トイレ:なし

    船浦御嶽(フノーラワン)

    船浦御嶽(フノーラワン)はピジリ御嶽のすぐ近くにある造船の祈願や航海安全御嶽です。黒島では木材自然が豊富な西表島から木材を取り寄せて造船が行われていました。黒島で行われていた初めての造船所は南フタ村のまき泊で行われてましたが、移転を繰り返して宮里村の船浦に造船所を構えて造船業が発展しました。造船業の一層の発展を込めて茲に船浦御嶽を創建されました。本御嶽では造船の祈願や航海安全、進水式(すらおろし)の儀式などを始め、大工並びに村民等が御嶽に参詣して儀式が行われました。

    船浦御嶽(フノーラワン)の基本情報
    名称:船浦御嶽(フノーラワン)
    住所:沖縄県八重山郡竹富町黒島
    アクセス:黒島港から徒歩で約23分、車で約4分
    駐車場:なし
    食事(周辺):なし
    トイレ:なし

    迎里御嶽(ンギシトゥワン)

    迎里御嶽(ンギシトゥワン)もまたピジリ御嶽のすぐ近くにあり、仲本海岸と宮里海岸の間あたりに位置する豊作と海上安全を祈願する御嶽です。
    宮里海岸で行われる豊年祭の朝には仲本部落のパーレークイ(爬竜舟漕ぎ)の漕ぎ手が迎里御嶽集まって豊年祭の成功を祈願するのが恒例となっています。
    黒島の御嶽は特に重要とされる8つの御嶽である八嶽のひとつでもあります。神聖な場所のため御嶽の中に入ることはできませんが、海上安全の御嶽でもあるので海水浴やマリンアクティビティの前に訪れるのもいいですね。迎里御嶽は元々迎里村の御嶽として創建されたと知られますが、由来・伝承などについて詳細はわかっていません。

    迎里御獄(ンギシトゥワン)の基本情報
    名称:迎里御獄(ンギシトゥワン)
    住所:沖縄県八重山郡竹富町黒島1849
    アクセス:黒島港から徒歩で約28分、車で約6分
    駐車場:なし
    食事(周辺):なし
    トイレ:なし
    ピジリ御獄の基本情報
    名称:ピジリ御獄
    住所:沖縄県八重山郡竹富町黒島1849
    アクセス:黒島港から徒歩で約28分、車で約6分
    駐車場:なし
    食事(周辺):なし
    トイレ:なし

    条件から探す

    予約から参加の流れ

    • ツアーを探す

      シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

    • 予約プランの申し込み

      申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

    • 予約確定

      予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪

    • ツアーに参加

      あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

    当日予約OK

    アクティビティから探す

    一覧を見る
    フェリーオンライン予約