石垣島のアクティビティ予約なら"石垣島ツアーズ"♪

石垣島ツアーズ

石垣島ダイビング

日本一のダイビングスポット、石垣島の海を楽しもう♪

石垣島のクマノミと一緒に潜る
ダイビング雑誌で20年以上続く、『行きたいダイビングスポットランキング』1位の石垣島。そんなダイビングのメッカには日本の旅行客のみならず、世界中のダイバーが美しい海を求めてやってきます。石垣島の周辺の海は魚の種類と大きさ、サンゴ礁の質、そして海の透明度などの指標を総合的にを考慮すると、日本はもちろんのこと、世界でもトップクラスのダイビングスポット。

特に4月〜10月のマンタが見られるシーズンには、世界各地からプロ〜セミプロのベテランダイバーたちがこぞって潜りに来るほど!石垣島の海はダイビングスポットとして日本が世界に誇れる海です♪
その魅力は海の美しさだけでなく、マンタや絶滅危惧種のウミガメと一緒に泳ぐダイビングをしたり、地形ダイビングを楽しんだり…といった様々なダイビング体験ができること。

石垣島の海に一度潜れば、そこは熱帯魚に囲まれた360度天然の水族館。初めてダイビングを体験する方はもちろん、ダイビング経験者の方でも、今までと一味違うダイビングを経験できるでしょう♪

 

初めてでも行ってすぐに楽しめる「体験ダイビング」

団体旅行で石垣島体験ダイビングに参加

ライセンス不要の体験ダイビングでは、ダイビングをする前に必ず、息継ぎの仕方や耳抜き、泳ぎ方などの簡単なレクチャーの後にスタートします。ライセンス不要の体験ダイビングでは、水深10mまでしか泳いではいけないことが決められており、海流の少ないところで安全にダイビングを楽しむのが基本となります。

水深10mまでといっても、石垣島の海は浅くてもカラフルサンゴと熱帯魚沢山の所で遊べるので十分満足できるはず。旅行客にとっては、手軽に、思いついたらすぐ参加できるので体験ダイビングはとても人気です。

体験ダイビングは泳げなくても楽しめる!

熱帯魚と一緒に体験ダイビングで泳ぐ

びっくりするかと思いますが、体験ダイビングは泳げなくても大丈夫なんです。むしろシュノーケリングより簡単という人も多いほど…!シュノーケリングで一番難しいのは「息継ぎ」ですが、ダイビングならタンクを担いで泳ぐため「息継ぎ」はもちろん不要です。地上と同じように呼吸ができ、シュノーケルの時に使うマスクの様に海水が入ってくる…なんてことも殆どありません。

また、ちゃんと浮かんでこれるか心配かと思いますが、ウエットスーツを来ているので、沈む方が難しいぐらいです(初めての方は沈むことが中々できない場合があるのでおもりを付ける場合もあります)。体験ダイビングではガッツリ潜るというより、ゆっくりと海底を歩いたり、浮かんだりして進んでいくので、泳ぐことをしなくても大丈夫!重力の少ない月を歩いているような感覚です(ムーンウォークは経験したことはないですが…笑)

初めての体験ダイビングをするなら石垣島!


体験ダイビングとはライセンス不要のダイビングです。しっかり参加者2人に対してインストラクターが1人ついてサポートするので、体験ダイビングが初めての方でも安心してご参加できます。また、石垣島は世界的にもトップクラスのダイビングスポットな為、体験ダイビング初めてするのが石垣島という方がとても多いです。

そのため、多くのインストラクターが体験ダイビングのサポートに対して経験豊富なので、初めて体験ダイビング時に感じる不安などがあっても安心してできるのがいいですね。

石垣島体験ダイビングはまるでカラフルサンゴパラダイス♪

石垣島のカラフルサンゴとルリスズメダイのコントラスト
石垣島でのダイビングが人気な理由はなんといってもカラフルなサンゴ礁。ひとくちにサンゴといっても世界中にはなんと1300種類近くが発見されており、日本で見られるのはそのうち約400種類ほど。石垣島を含む八重山諸島をではそのうち8割近くの種類のカラフルなサンゴを見ることができます。

石垣島のサンゴで特に有名なのが石西礁湖と白保地区。中でも白保サンゴ礁と呼ばれるスポットは全長10kmにわたってサンゴ礁を見ることができ、北半球で一番の規模を持つアオサンゴ大群生として有名です。アオサンゴは石垣島を含む八重山諸島周辺の海域でも中々見ることができない希少なサンゴ。そんなサンゴを見ることができるのもを石垣島でからこそ。

アオサンゴの他にもハマサンゴなども見ることができ、サンゴ礁群で覆われた海底の上を原色の熱帯魚が優雅に泳ぐ風景を見ながら行うダイビングは、日常の忙しい日々から解放され、幻想的な異空間を体験できます♪

抜群の透明度の海を色鮮やかな熱帯魚たちとダイビング!

石垣島の透明度抜群の海は海上から見るよりも色鮮やかで、ダイバー達を『海中世界』とも言うべき神秘的な非日常空間へ招き入れます。深く潜るにつれて、徐々に太陽の光が薄れ、周りの音も小さくなっていき、陸上の世界と隔離され、魚たちだけが過ごす海中の世界を感じられます。

どんどん魚影も濃くなり海との一体感を感じられるでしょう。石垣島のダイビングだからこそ味わえる透き通った海、数えられない程の種類の熱帯魚を体いっぱいに感じましょう。

石垣島ダイビングではマンタやウミガメにも出会える♪

石垣島のダイビングではマンタの群れも見れる

石垣島でのダイビングといえば人気なのがマンタとウミガメ。中でもマンタを見るダイビングは一番人気。
マンタの泳ぐ姿、大きさはまるで海を飛び回る飛行機の様。10数匹という群れを成して泳ぐことが多く、ダイビング中に出会えればその迫力に驚くことでしょう。
絶滅危惧種に指定されているウミガメも、石垣島の海であれば高確率で見ることができますウミガメは綺麗な海にしか生息しないので石垣島を含む八重山諸島だからこそ見ることのできる生き物。
他にも「ファインディング・ニモ」で一躍有名になったカクレクマノミや原色の青色のルリスズメなどの熱帯魚もダイビング中に楽しめます。

体験ダイビングするなら”幻の島”浜島が人気

石垣島の体験ダイビングで今最も人気なのが、”幻の島”と呼ばれる浜島。石垣島から船で約30分ほどの所にある浜島は一日のうち、限られた時間しか現れないまさに”幻の島”。浜島周辺の石西礁湖はカラフルなサンゴで有名で、熱帯魚も多く、観光旅行で来た方に特に好評です♪

体験ダイビングはライセンスがなくても潜ることのできるダイビングですが、石垣島ツアーズでは安全のため、2人のダイバーに対してのスタッフが1名つくので、初めて体験ダイビングをする方でも安心して潜ることができちゃいます♪ただし、初めてのダイビングを石垣島で体験してしまうと、もう他の海で潜っても満足出来なくなっちゃうかも!?

体験ダイビングで必要な持ち物

社員旅行で石垣島の体験ダイビングに参加する

石垣島の体験ダイビングに必須の持ち物は水着、着替え、バスタオルだけ!体験ダイビング必要な器材である、シュノーケルマスク、フィン、グローブ、ウエットスーツ、レギュレーターなどは基本的に全てツアー代金に含まれているので持ち物も少なく楽々参加できます。

ベテランダイバーも大満足!ファンダイビング

ファンダイビングでウミガメに出会う

石垣島でのファンダイビングは日本のみならず世界中のプロダイバーから愛され続けています。専門誌で20年近くも日本一のダイビングスポットとしての地位を保持し続けるには理由があります。中には10年以上も毎年石垣島に通われているダイバーのお客様もいるほど。様々なダイビングスポットがあるこの石垣島の海は何度来ても楽しめます♪

「大学の時にダイビングライセンスを取ったけど最近潜りに行っていない…」なんて方にもおすすめ。一度冷めてしまったダイビング熱が、久しぶりに石垣島でダイビングをして再燃し、毎年くるようになってしまった方も沢山います。栄養豊富なマングローブ帯が広がる大自然、大自然が生み出した圧倒的な海の美しさ、そして様々な種類の生き物たち。

ぜひ、一度石垣島でダイビングを試してみてはいかが?

このアクティビティを含むプラン

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、石垣島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

石垣島ツアーズとは・・・?